「あなたは大丈夫?」医療&健康ニュース

医療と健康に関するニュースをまとめました。

浦安市 費用補助の卵子凍結・保存で第1号

千葉県浦安市と順天堂大学病院は16日、費用を補助した形での卵子の凍結・保存を初めて実施したと発表。第1号は20代後半の会社員の女性で、他の希望者11人についても、卵子の凍結・保存を年内にも行う予定としている。

2016年6月16日 21:40

記事を読む

たばこの箱の警告表示 強化案まとまる

2016年6月7日 22:35

たばこのパッケージで健康被害などを伝える警告表示を強化する案がまとまった。文字数を減らすなど見やすくする工夫をする他、警告の種類を現在の8種類から約12種類に増やすよう求めている。政府は秋をめどに必要な省令の改正など具体的な検討を行う方針。

記事を読む

妊婦の「ジカ熱」感染予防を 都内で講座

2016年6月5日 18:49

中南米を中心に感染が広がっている「ジカ熱」について、媒介する蚊が活動する時期を迎え、妊婦の感染予防などについての講座が東京都内で開かれた。ジカ熱は妊婦が感染した場合、頭が小さい「小頭症」の赤ちゃんがうまれる恐れがあるとされている。

記事を読む

熱中症で救急搬送増加「水分補給などを」

2016年5月24日 12:38

総務省消防庁によると、先週、熱中症を訴え救急搬送された人は全国で688人と前週の490人に比べ、約1.4倍に増加。また、去年の同時期に比べ約1.6倍に増えており、総務省消防庁は「無理をしないこと、水分補給などを心がけてほしい」と話している。

記事を読む

学校給食が原因 小中学校8校で集団食中毒

2016年5月23日 21:00

福井県若狭町の8つの小中学校で、町の給食センターが調理した学校給食が原因の集団食中毒があり、児童や生徒ら255人が下痢やおう吐などの症状を訴えた。いずれも快方に向かっているものの、23日はこのうち小中学校5校が休校となった。

記事を読む

8つの小中学校で集団食中毒 給食が原因か

2016年5月23日 13:15

21~22日、福井県若狭町の8つの小中学校で児童や生徒など計237人が下痢や嘔吐などの症状を訴えた。このうち5校が23日、休校となった。児童や生徒らは20日に町の給食センターで調理された学校給食を食べていて、町はこの給食が原因とみている。

記事を読む

メンタルケア必要な妊婦 年間推計で4万人

2016年5月13日 21:00

うつ病などの精神疾患の疑いやケアが必要とされる妊婦が全国で年間推計4万人にのぼることが、厚生労働省の研究班の調査でわかった。一方、こうした妊婦たちのケアにあたったのは、専門外の産婦人科医などが約80%を占めているという。

記事を読む

ジカ熱の国内発生を防げ“蚊対策”呼びかけ

2016年5月10日 20:44

蚊が発生し始める時期を迎え、厚労省は、ジカ熱の国内での発生を防ぐため、側溝や植木鉢の受け皿の水を取り除くことなど、蚊への対策を行うよう呼びかけた。一方、政府は「蚊の対策」を呼びかける標語を今月15日まで募集している。

記事を読む

ジカ熱 プエルトリコで70歳男性死亡

2016年4月30日 08:29

カリブ海にあるアメリカ自治領・プエルトリコの保健局は29日、ジカ熱が原因で70歳の男性が死亡したと発表。直接の死因についてCDC(疾病対策センター)は、「ジカ熱の合併症による体内での出血」としている。プエルトリコでの死亡例は初という。

記事を読む

感染症に備え…東京都、蚊を採取し調査

2016年4月18日 20:53

蚊を通してかかる感染症に備え、東京都は18日から蚊がマラリアやデングウイルスなどの病原体を持っているか調査を始めた。中南米で流行している「ジカ熱」も対象に加わった。調査は11月上旬頃まで行われ、検査結果は都のホームページで公表される。

記事を読む

ジカ熱のウイルス 小頭症などの原因と断定

2016年4月14日 15:42

米CDC(疾病対策センター)は13日、感染症の「ジカ熱」のウイルスは、小頭症や脳の障害の原因だと結論づけたと発表した。ジカ熱に感染した全ての妊婦から、小頭症の子どもが生まれるわけではないとしているが、引き続き注意を呼びかけている。

記事を読む

渋谷署19人が集団結核 留置男性から感染

2016年4月12日 10:58

渋谷警察署で去年末~今年、署員19人が結核に集団感染していたことが分かった。留置していた男性が死亡し、死因が肺結核と判明。留置担当の署員が結核と診断され、感染が判明した。6人が発症、3人が一時入院したが、現在は全員、通常の勤務に当たる。

記事を読む

抗生物質処方量を3割減に~政府目標

2016年4月5日 13:04

抗生物質が効かない細菌が出現し多くの死者が出る恐れが国際的に指摘されている中、政府は5日、2020年までに医師が処方する抗生物質を33%減らす目標を盛り込んだ対策を決定。厚労省は「医師は安易に抗生物質を処方しない」ことなどを呼びかける方針。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら