「あなたは大丈夫?」医療&健康ニュース

医療と健康に関するニュースをまとめました。

治療がん患者5年生存率「前立腺」100%

全国のがん専門治療施設で治療を受けたがん患者の生存率が発表された。5年生存率が最も高いのは「前立腺がん」で、低いのは「すい臓がん」だった。

2019年4月9日 14:04

>> 記事を読む

花粉症に効果?「幻の果実」に注文殺到

2019年3月27日 19:12

和歌山県の山奥。人口わずか430人あまりの村で育てられる「ある果物」に今、注文が殺到している。実はこの季節ならではの理由があると言う。注目のワケを現地の村で探った。

>> 記事を読む

京都大学 ALSに効果ある薬で治験開始へ

2019年3月26日 19:40

京都大学の研究グループが、全身の筋肉が衰える難病のALSに効果がある薬を見つけ、患者に投与する治験を開始すると発表した。

>> 記事を読む

268グラム“世界最小”男の子が退院

2019年2月26日 18:52

慶応大学は26日、去年8月に体重268グラムで誕生した男の子が、今月、元気に退院したと発表した。元気に退院した男の子では、世界で一番小さい赤ちゃんだという。

>> 記事を読む

はしか患者数↑ 疑いある時は連絡し受診を

2019年2月19日 14:05

はしかの患者数が急増していて、厚生労働省は、発熱などはしかの疑いがある場合は、医療機関に連絡した上で受診するよう呼びかけている。国立感染症研究所によると、今月10日までの今年のはしかの患者数は、167人にのぼるという。

>> 記事を読む

脊髄損傷で麻痺“iPS細胞”で初の治療へ

2019年2月18日 17:33

世界初となる、iPS細胞から神経のもとになる細胞を作って脊髄損傷の患者に移植する慶応大学の臨床研究について、18日、厚生労働省の部会が了承した。

>> 記事を読む

脊髄損傷に“iPS細胞”臨床研究を了承

2019年2月18日 14:08

世界初となる、iPS細胞から神経のもとになる細胞を作って脊髄損傷の患者に移植する慶応大学の臨床研究について、厚生労働省の部会が了承した。

>> 記事を読む

インフルエンザ 感染者数減少も流行続く

2019年2月8日 19:35

インフルエンザの感染者数がようやく減少に転じた。1月28日からの一週間の推計患者数は166万9000人。過去最多となった前の週よりおよそ55万人減ったが、依然として流行は続いている。

>> 記事を読む

がん 治療や患者の生活など考えるイベント

2019年2月3日 16:16

4日は、がんについて考えようという「世界がんデー」だが、3日、東京では、がんの治療や患者の生活などを幅広く話し合うイベントが行われた。

>> 記事を読む

インフル“患者数”調査開始以降「最多」に

2019年2月1日 12:32

インフルエンザの大流行が続いている。先月21日からの1週間のインフルエンザの1医療機関当たりの患者数は57.09人で、調査を始めた1999年以降、最多となった。

>> 記事を読む

「ゾフルーザ」耐性ウイルスを初確認

2019年1月25日 19:38

インフルエンザの新しい治療薬「ゾフルーザ」の耐性ウイルスが初めて確認された。

>> 記事を読む

インフルエンザ患者数 さらに増加

2019年1月18日 16:14

厚生労働省によると今月13日までの1週間のインフルエンザの推計患者数は前の週のおよそ2.8倍になり、163万5000人となった。今後、患者数は、さらに増加する見込みで、厚生労働省は手洗いの徹底やマスクの着用などを呼びかけている。

>> 記事を読む

「全国がん登録」がん患者は約99万5千人

2019年1月17日 01:45

初めて「全国がん登録」制度によるデータがまとめられ、2016年にがんと診断された人はおよそ99万5000人だったことがわかった。

>> 記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら