業界新潮流

「あの業界・この業界」の最新トレンド記事をまとめました。

SBグループ 約10兆円のファンド設立へ

ソフトバンクグループがIT関連のベンチャー企業などに投資するため、約10兆4000億円の投資ファンドの設立を正式に発表した。サウジアラビアの政府系ファンドや米・アップル、台湾・ホンハイ精密工業、その傘下のシャープなどが出資を行う。

2017年5月21日 10:45

記事を読む

日本郵政、野村不動産HDの買収検討

2017年5月13日 00:59

日本郵政が不動産大手の野村不動産ホールディングスの買収を検討していることが分かった。買収に向けて、TOB(株式公開買い付け)を行うため、資産価値を評価する手続きをこれから進めるという。

記事を読む

東電、7月参入のガス事業へ“新料金”発表

2017年5月9日 18:02

東京電力が7月から参入するガス事業に向け料金プランを発表。ガス料金は東京ガスの一般料金に比べて3%お得になり、セットとなる電気料金割引を含めるとモデル世帯で年間7600円相当安くなるとしている。ガスと電力の自由化による本格的な競争が始まる。

記事を読む

競争激化 ローソン日用品29品目を値下げ

2017年5月8日 16:14

ローソンは8日から日用品29品目を5%前後値下げした。日用品を買う客が増えていることからドラッグストアなどの市場価格に合わせたという。セブン-イレブンは先月、ファミリーマートも15日から日用品を値下げするなど価格競争が激しくなっている。

記事を読む

TDS 「ニモ」新アトラクションが公開

2017年5月8日 12:16

8日、東京ディズニーシーで1年ぶりとなる新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」が報道陣に公開された。ディズニー映画「ファインディング・ニモ」などのキャラクターたちと一緒に海の中を冒険する屋内型アトラクションで12日にオープン。

記事を読む

マクドナルド社長「まだやるべきことある」

2017年5月3日 22:05

異物混入問題など未曾有の危機を経て回復の途上にあるハンバーガーチェーン最大手の日本マクドナルド。カサノバ社長に困難な時期をどう乗り越えたかや、今後の展望について聞いた。

記事を読む

イオン、高齢者支援の移動販売 茂原市

2017年5月2日 15:54

流通大手のイオンは遠くまで買い物に行けない高齢者らを支援しようと千葉県茂原市で移動販売を始めた。「買い物弱者」が首都圏でも増えていることに対応したもので千葉県では2例目。週4日のペースで病院の駐車場や個人宅の前を巡回するという。

記事を読む

ヤマト運輸、27年ぶりに配送料を値上げへ

2017年4月28日 19:31

ヤマト運輸は28日、27年ぶりに配送料の値上げを発表した。荷物の大きさに応じ、9月中に基本料金を最大で180円値上げする。一方で、荷物の届け先を自宅ではなく宅急便センターに指定すると50円安くなるなど、割引制度も充実させる。

記事を読む

ヤマト 採算とれない通販会社と取引終了も

2017年4月27日 18:34

ヤマト運輸が配送で採算のとれていない通販会社に取引の終了を申し入れていることが判明。また受け取り主が不在で再配達するケースが経営にも打撃となっていて、再配達にならない場合に料金を優遇することも検討している。同社は改革案を28日に発表する。

記事を読む

高島屋新宿店に「空港型免税店」がオープン

2017年4月27日 15:30

高島屋新宿店に27日、「空港型免税店」がオープンした。消費税だけでなく、関税や酒税、たばこ税も免税されるのが特徴で、パスポートと海外への航空券を持っていれば、日本人を含め誰でも利用が可能。商品は成田や羽田の空港で受け取ることができる。

記事を読む

「相乗りタクシー」今年度中に実証実験へ

2017年4月21日 15:03

石井国交相は目的地が同じ方向の客同士が一緒に乗る「相乗りタクシー」の実証実験を今年度中に行う方針を明らかにした。事業者がスマホアプリを開発して客をマッチングする仕組みを作ることにしており、1人当たりの料金を安くし利用客減少を食い止める狙い。

記事を読む

ヤマトとDeNAが「ロボネコヤマト」実験

2017年4月17日 17:32

宅配最大手のヤマト運輸はDeNAと共同で新たな配送サービス「ロボネコヤマト」の実験を始めた。顧客がネットで地元の複数の商店の商品をまとめ買いできるもので、荷物の到着場所や時間をスマートフォンなどで指定でき、車が来たら自分で荷物を取り出す。

記事を読む

ビックカメラ “ビットコイン”決済導入

2017年4月7日 12:53

ビックカメラは7日からインターネット上の仮想通貨「ビットコイン」を使い、店舗で支払いが出来るサービスを始めた。ビットコインは世界で約2000万人が利用し取引の8割が中国人ということで、ビックカメラは海外の観光客を取り込む狙い。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら