every.キーワード

キーワードでニュースを読み解く「every.キーワード」。旬な話題を深く、やさしく解説します。

“初来日”ドゥテルテ大統領ってどんな人?

フィリピンのドゥテルテ大統領が就任後、初めて来日し、滞在中に安倍首相との首脳会談などが予定されている。その過激な言動から米大統領選のトランプ候補になぞらえて、「フィリピンのトランプ」と呼ばれるドゥテルテ大統領は、どんな政治家なのか。

2016年10月25日 17:29

記事を読む

液体ミルク、消費者も実現へ“後押し”を

2016年10月24日 19:47

国内で販売されていない乳児用「液体ミルク」について、政府が今後、販売を認めるか検討に入る。液体ミルクは粉ミルクに比べて乳児に飲ませる手間が少なく、育児の負担軽減に向けて期待の声があがるが、課題も残されている。

記事を読む

北方領土“2島返還”なら何が変わるのか?

2016年10月19日 19:42

10月19日は、日本とロシアの前身であるソ連が「日ソ共同宣言」に署名してから、ちょうど60年目にあたる。日ソ共同宣言は、日ソ両国が戦後11年たって国交を回復した節目の大切な条約だ。その節目の今年、北方領土問題の進展に期待が高まっている。

記事を読む

誰のため? どうなる総裁任期延長論

2016年10月18日 16:46

リオ五輪閉会式で、安倍首相が「マリオ」にふんし、2020年の東京五輪をPRしたサプライズ演出を覚えている人も多いだろう。安倍首相の強い思いが伝わってくるが、実は、今のままだと、安倍首相は“首相”として東京五輪を迎えることができない。

記事を読む

増える“孫育て” 増える“孫バテ”

2016年10月17日 18:20

共働きが増えるいま、孫の面倒をみる“孫育て”をする祖父母が増えてきている。祖父母も孫と触れあうのはうれしいと思いきや、本音は少し複雑なようで、“孫バテ”している祖父母も増えているという。

記事を読む

ダウン症のある人「幸せに思う」90%以上

2016年10月13日 18:58

生まれつき染色体に異常があることで起きるダウン症。今回、初の大規模アンケート調査で、ダウン症のある人たちの実情が見えてきた。諏訪中央病院・鎌田實名誉院長が解説する。

記事を読む

“がん患者の家”マギーズ東京が目指すモノ

2016年10月11日 19:56

がん患者を支援する施設「マギーズ東京」が10日、オープンした。がん患者やその家族が、常駐する看護師や臨床心理士に家庭的な空間で相談できる施設だ。予約不要、無料なので、がん患者が気軽に集まれる“第二の家”のような場所を目指している。

記事を読む

“10年で”患者最多 RSウイルスに注意

2016年10月6日 18:37

RSウイルス感染症の患者が今、全国的に増加している。RSウイルス感染症は風邪と症状がよく似ていて、軽く考えがちだが、乳幼児は重症化する恐れもあり、注意が必要だ。どんな予防法や治療法があるのか、諏訪中央病院・鎌田實名誉院長が解説する。

記事を読む

「殺処分」ゼロを目指して 様々な取り組み

2016年10月5日 19:25

10月4日は“世界動物の日”。いま、飼えなくなった犬や猫などの殺処分を減らすための動きが広がっている。“ふるさと納税”を利用したプロジェクトとは?“殺処分ゼロ”を実現した神奈川の取り組みとは?日本テレビ・小栗泉解説委員が解説する。

記事を読む

経済効果6兆円?「大阪万博」誘致に問題は

2016年10月3日 19:32

先週、政府が2025年の国際博覧会(万博)を、大阪に誘致するために立候補にむけた調整を進めていることが分かった。大阪で万博が開かれるとすれば半世紀ぶりとなる。実現すれば経済効果は6兆円とも言われる一方で、「跡地」などの課題もある。

記事を読む

“仮設”でも近所付き合いを…鎌田實氏提言

2016年9月29日 18:32

熊本県益城町で起きた震度7の地震から間もなく半年。被災地では、地震がきっかけとなって認知症を発症するなどの健康被害も出ている。諏訪中央病院・鎌田實名誉院長は、現地の精神科の病院を訪れ、話を聞いた。

記事を読む

「ハイビームは…」その遠慮が死亡事故に

2016年9月28日 20:06

2020年4月以降、国交省は新型の乗用車には「オートライト」をつけるようメーカーに義務づけることを決めた。また、警察庁の調査では「ハイビーム」を使うことで、死亡事故を防げる場合もあるという。「車のライト」をキーワードに交通事故防止を考える。

記事を読む

「お金」のこと、どのくらい知ってますか?

2016年9月26日 17:42

日本は国際的に見て「お金の知識」が低く、「教育」の差がその理由と言われている。「お金」は一生付き合っていくもので、「知識」はあるに越したことはない。日本人の「お金の知識」を把握するために行われた公的な調査から、「お金の知識」をひもとく。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら