every.キーワード

キーワードでニュースを読み解く「every.キーワード」。旬な話題を深く、やさしく解説します。

誤解しないで、「白い杖」聴覚障害でも使用

視覚障害者の人が持っている「白杖」。駅や街中で見かけることも多いが、この白杖について、周囲が正しく知らないためにトラブルが起きていることもあるという。実は、白杖は聴覚などの障害がある人も持つことがある。私たちが知っておきたいこととは―

2016年11月30日 20:17

記事を読む

なりたい自分へ…広がる“記録系”手帳

2016年11月28日 17:15

来年の手帳が店頭に並ぶ時期となった。手帳を販売する大手文具店によると、来年のビジネスパーソン向けの手帳は「多面的なスケジュール管理」ができるものが好評だという。一方で、最近は趣味の記録などを日記のように付けていく手帳も増えてきている。

記事を読む

ヨガに音楽…ストレス減らす企業の取り組み

2016年11月23日 18:44

企業が従業員のストレス度合いを調べる「ストレスチェック」の義務化から間もなく1年。自分では「もう少し頑張れる」と思いがちなだけに、会社は様々な取り組みが必要だ。そんな中、職場でのストレスを減らすためにユニークな取り組みを行う企業もある。

記事を読む

「選択の幅を…」解説:職場の旧姓使用

2016年11月21日 17:54

都内の私立校に勤める女性教師が「職場で旧姓を使いたい」と求め、勤務先の学校を訴えた裁判で、東京地裁は女性の訴えを退けた。実は今回の東京地裁の判決は、過去の最高裁判決との“ずれ”が指摘されている。

記事を読む

被災地・南富良野、失わない「希望と再生」

2016年11月17日 18:02

今年8月末、台風10号の被害に遭った北海道・南富良野町。諏訪中央病院・鎌田實名誉院長は先月末、現地を訪れ、住民の方々に話を聞いた。住民は悲しみの中にも「希望」と「再生」を失っていなかった。

記事を読む

南富良野へ…さだまさしさんと被災地支援

2016年11月3日 18:23

諏訪中央病院・鎌田實名誉院長が歌手・さだまさしさんと一緒に、今年8月に台風10号の被害にあった北海道・南富良野を訪れた。そこで見た「南富良野の現状」とは?

記事を読む

お歳暮、トレンドは“自分買い”“小分け”

2016年11月2日 19:54

今年も「お歳暮」の季節になった。1日には都内にある百貨店ではお歳暮ギフトセンターがオープンし、開店前には従業員が「出陣式」を行った。近年では“自分買い”も人気だというお歳暮。決まり事やマナーを交えながら、お歳暮のトレンドを解説する。

記事を読む

“ブラックフライデー”日本で根付くか?

2016年10月31日 19:29

先週、流通大手のイオンは今年からブラックフライデーと銘打った全国一斉セールを11月に行うと発表した。ブラックフライデーとは、アメリカで11月末の感謝祭翌日から行われる年に一度の大セールのこと。なじみない習慣だが日本で根付くのだろうか。

記事を読む

“買い物弱者”どう減らす?企業の取り組み

2016年10月26日 17:34

増加する“買い物弱者”。山あいの過疎地だけでなく都市部でも今後、増えるのではと言われる中、こうした人たちに向けて、様々な企業が取り組みを行っている。これからこうした事業が広がっていくには、どんな課題をクリアする必要があるのだろうか。

記事を読む

“初来日”ドゥテルテ大統領ってどんな人?

2016年10月25日 17:29

フィリピンのドゥテルテ大統領が就任後、初めて来日し、滞在中に安倍首相との首脳会談などが予定されている。その過激な言動から米大統領選のトランプ候補になぞらえて、「フィリピンのトランプ」と呼ばれるドゥテルテ大統領は、どんな政治家なのか。

記事を読む

液体ミルク、消費者も実現へ“後押し”を

2016年10月24日 19:47

国内で販売されていない乳児用「液体ミルク」について、政府が今後、販売を認めるか検討に入る。液体ミルクは粉ミルクに比べて乳児に飲ませる手間が少なく、育児の負担軽減に向けて期待の声があがるが、課題も残されている。

記事を読む

北方領土“2島返還”なら何が変わるのか?

2016年10月19日 19:42

10月19日は、日本とロシアの前身であるソ連が「日ソ共同宣言」に署名してから、ちょうど60年目にあたる。日ソ共同宣言は、日ソ両国が戦後11年たって国交を回復した節目の大切な条約だ。その節目の今年、北方領土問題の進展に期待が高まっている。

記事を読む

誰のため? どうなる総裁任期延長論

2016年10月18日 16:46

リオ五輪閉会式で、安倍首相が「マリオ」にふんし、2020年の東京五輪をPRしたサプライズ演出を覚えている人も多いだろう。安倍首相の強い思いが伝わってくるが、実は、今のままだと、安倍首相は“首相”として東京五輪を迎えることができない。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら