西之島

【記事まとめ】誕生からの経緯 西之島特集

西之島 噴火続き東京ドーム約52倍に成長

13年から火山活動が続く小笠原諸島・西之島の最新映像が公開された。海上保安庁によると、火口にできた山は標高100メートル前後で、1分間に5~6回程度の噴火を繰り返し、面積は東京ドームの約52倍まで成長。海底火山が噴火する危険もあるという。

2015年2月24日 19:26

記事を読む

溶岩ドーン…西之島もとの10倍以上に成長

2014年12月27日 02:32

火山活動により成長を続けている小笠原諸島にある西之島の最新映像が公開された。

記事を読む

西之島 急速に拡大の可能性も

2014年11月15日 01:11

小笠原諸島・西之島の様子を14日、日本テレビのカメラが撮影。短い間隔で噴煙が噴き上がり、現在も活発な噴火活動が続いている様子が分かる。

記事を読む

東京ドームの40倍に…西之島の最新映像

2014年10月17日 20:03

小笠原諸島に出現した新たな西之島の最新映像が公開された。

記事を読む

発見から半年の西之島 当初の86倍に拡大

2014年5月22日 19:09

噴火を続けている小笠原諸島の西之島は20日、発見から半年が経過した。21日に海上保安庁が撮影した映像では、新たな火口が発見され、青白い噴煙が吹き出す様子も確認された。

記事を読む

小笠原“新島” 初めてマグマを確認

2013年11月23日 01:52

小笠原諸島の西之島付近に新たに出現した島で、22日、初めてマグマが確認された。観測した東京工業大学火山流体研究センター・野上健治教授によると、島には2つの火口が確認でき、噴火は2~3分に1度の間隔で起きており、噴煙の高さは約750メートル。

記事を読む

小笠原諸島で噴火“新しい島”を確認

2013年11月21日 00:13

20日午後、東京・小笠原諸島にある西之島付近で何度も噴火が確認され、海上保安庁は直径200メートルほどの新しい島とみられる陸地が確認できたと発表した。西之島は父島の西約130キロに浮かぶ無人島で、噴火が確認されたのは39年ぶり。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら