西之島

【記事まとめ】誕生からの経緯 西之島特集

西之島の上陸映像を初公開 海上保安庁

3年前に噴火した西之島で測量調査をしていた海上保安庁が、先月、初めて上陸した際の映像を公開した。

2016年11月8日 12:55

記事を読む

“噴火”西之島に専門家が初上陸

2016年10月20日 19:20

3年前の噴火後、島の拡大が続いていた小笠原諸島の西之島に20日、初めて専門家が上陸した。午前8時ごろ上陸した東京大学地震研究所などの研究チームは噴火で出た溶岩の採取や地震計の設置を行い、一連の火山活動を解明したいとしている。

記事を読む

“領海拡大”海保が海図作成のため上陸へ

2016年10月19日 18:54

海上保安庁は、小笠原諸島の西之島の海図を作成するため、22日から島への上陸を伴う測量調査を行うと発表。海図を作成することで、日本の領海は69平方キロメートル、排他的経済水域は52平方キロメートル程度、拡大する見込みだという。

記事を読む

西之島“警戒範囲”縮小を発表 上陸調査へ

2016年8月18日 02:16

3年前、突然噴火が始まり島の拡大が続いていた小笠原諸島の西之島。気象庁は、警戒が必要な範囲を縮小すると発表し、今後、上陸しての調査が行われることになった。

記事を読む

西之島 警戒範囲を縮小、秋にも上陸調査へ

2016年8月17日 15:26

3年前に噴火が始まり新たな島ができた小笠原諸島の西之島について、気象庁は17日午後、警戒範囲を火口から半径約500メートルに縮小すると発表した。これで上陸することも可能となり、今秋には専門家による調査も行われる。

記事を読む

4か月間噴火確認なし 西之島最新映像公開

2016年3月9日 20:55

小笠原諸島・西之島の最新映像が公開された。噴火は去年11月を最後に、約4か月間確認できないという。気象庁の火山噴火予知連絡会は、今年中に西之島に上陸し地震計を設置したり、噴出物を採取したりするなどして詳しい調査を行うことを明らかにしている。

記事を読む

マグマの供給停止か 西之島の最新映像公開

2016年2月5日 19:34

小笠原諸島・西之島の最新映像が公開された。海上保安庁によると、西之島では観測開始以来初めて、噴火活動が3か月間見られない状態が続いているということで、「マグマの供給が停止した」と考えられるという。

記事を読む

西之島の最新映像 火山活動は低下傾向

2016年1月22日 19:51

19日に撮影された小笠原諸島・西之島の最新映像が公開された。撮影した海保によると、先月の観測に続いて今回も噴火は確認できず、火山ガスが放出する「噴気」も観測開始以来、初めて確認されなかった。先月に引き続き、火山活動の低下が考えられるという。

記事を読む

西之島 最新映像を公開 火山活動は低下か

2015年12月25日 18:57

小笠原諸島・西之島の最新映像が公開された。海上保安庁によると、およそ1時間の観測中に噴火も溶岩流も確認できず、火口の底の温度が下がっていることからも、火山活動は低下していると考えられるという。

記事を読む

爆発的噴火も…西之島の噴火から2年

2015年11月20日 19:24

小笠原諸島にある西之島は噴火が確認されてから20日で2年になる。今も火山活動が続く西之島の最新映像が公開された。

記事を読む

すくすく成長…西之島の最新映像 噴火2年

2015年11月18日 01:50

小笠原諸島にある西之島は、噴火が確認されてから間もなく2年になる。今も活発な噴火活動が続く島の様子を撮影した。同行した東京大学地震研究所の前野助教は、「新たに流れている溶岩もあり、依然として活動は活発だ」と述べている。

記事を読む

西之島“噴出物の量”戦後2番目 4億トン

2015年10月21日 01:48

活発な火山活動が続く小笠原諸島の西之島について、溶岩などの噴出物の量が戦後2番目に多いことが海上保安庁の調査でわかった。噴出物の総体積は東京ドーム約129個分、重さにして約4億トンにのぼり、1990年からの雲仙普賢岳に次ぐ規模だという。

記事を読む

火山活動続く 西之島の最新映像公開

2015年10月16日 21:41

火山活動が続く小笠原諸島・西之島の最新映像が公開された。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら