綾瀬はるか飛び蹴り?福士蒼汰「うれしい」

2014年10月2日 16:30

日テレ系新ドラマ「きょうは会社休みます。」(15日~)の制作発表が2日、神奈川県内で行われ、キャストの綾瀬はるからが出席。「キュンとしたり、笑えたり、見やすい気持ちのいい1時間」とPRした。

記事全文

 15日放送スタートの日本テレビ系新水曜ドラマ「きょうは会社休みます。」(毎週午後10時~)の制作発表が2日、神奈川県内のスタジオで行われ、キャストの綾瀬はるか(29)、玉木宏(34)、福士蒼汰(21)らが出席した。

 原作は月刊漫画雑誌「Cocohana」(集英社)で連載中の人気コミック。
 恋愛経験のない30歳の“こじらせ女子”青石花笑(あおいし・はなえ=綾瀬)が、9歳下の大学生・田之倉悠斗(たのくら・ゆうと=福士)と交際する中、イタリア食品会社のCEOというモテ男・朝尾侑(あさお・ゆう=玉木)から突然プロポーズされ、三角関係に陥るというラブストーリー。

 “こじらせ女子”は自分の女子力に自信の持てない女子のことで、綾瀬は「恋をして戸惑ったりするけど、殻を破って前に進む姿を応援したくなる」と役どころを紹介。
 「恋愛に不器用なだけなのに暗くなりがちなので、暗くなりすぎないように気をつけています」と演技へのこだわりを見せ、「キュンとしたり、笑えたり、見やすい気持ちのいい1時間になると思います」と作品をアピールした。

 玉木は同局の連ドラ出演は12年ぶり。「スタジオに慣れず、控室やトイレの場所を聞きながら撮影しています」と明かす一方、「綾瀬さんとは何度か共演経験があり、やりやすい。久しぶりなので楽しみたいです」とにこやかに語った。

 福士は「かわいいです、綾瀬さんの(演じる)花笑さん」と早くもメロメロの様子で、「綾瀬さんはムードメーカー。撮影2日目で飛び蹴りがとんで来たりしてうれしかった」とにっこり。
 綾瀬が福士に駆け寄るシーンの撮影時、ふざけて綾瀬が飛び蹴りをするしぐさを見せたといい、「飛び蹴り風ですよ?蹴ってはないです」と慌てる綾瀬をよそに、福士は「2日目でそこまでしてくれて、うれしかった」と満面に笑みを浮かべた。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら