中村中移籍発表。8年目からは「心機一転」

2014年1月24日 21:37

記事全文

 シンガー・ソングライターの中村中(28)が24日、東京・日本橋三井ホールで、約1年半ぶりとなる東京でのライブを開催。所属レコード会社を、ヤマハミュージックコミュニケーションズからテイチクエンタテインメントに移籍することを、発表した。

 移籍にあたり、「勢い1本でこれまでやって来ました。これからは冷静さも欲しいところですが、八年目からは勢いを2本にして、さらには活躍の場も末広がりにしようと思います。新しいレコード会社で心機一転、応援してくれる皆様と一緒に喜べるような活動を目指します」とコメント。現在楽曲制作中で、移籍第1弾となるシングルを、初夏には発売する。 

 約700人のファンを前に、代表曲「友達の詩」、歌手の岩崎宏美に提供した「時の針」、初披露の新曲など、全21曲を歌い上げた。

 25日も同所で。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら