壇蜜、苦笑「寄る年波には勝てない」

2014年1月20日 16:39

要約

目元が魅力的な女性に贈る「アイ・オブ・ザ・イヤー2014」の授賞式が20日、都内で開催され、タレントの壇蜜、モデルの今井華らが出席した。ギャルメークをすすめられた壇蜜は「限界値がある」と苦笑。

全文を読む

 目元が魅力的な女性に贈る「アイ・オブ・ザ・イヤー2014」の授賞式が20日、都内で行われ、タレントの壇蜜(33)、モデルの今井華(21)らが出席した。

 モデル部門で選出された今井は「ギャルメーク上、濃いメークをすることが基本なので、落とすときはしっかり、優しく。濃いメークは落としてから寝るようにしています」とケアもしっかり。「普段から目元のメークには本当に力を入れているので、選んでもらえてうれしいです」と喜んだ。

 タレント部門で受賞した壇蜜は「私が賞をいただくことで、支えてくださっている方たちの張り合いになるといいなと思います」と控えめにコメント。「『白目が真っ白だね』とはよくほめていただけます。自分では左右の目の形がちょっと違うところが、味があっていいのではないかと思います」と自己分析した。

 今井のメークについて感想を尋ねらると、壇蜜は「はっきりとしたお顔なので、メークが映える。私は典型的なのっぺり顔なので、うらやましいなと思います」とにっこり。ただ、ギャルメークを取り入れるつもりはないようで「やっぱり限界値があるので。寄る年波には勝てないというのもありますしね。いいんです、若いときはイケイケドンドンでいいんですよ。ホント、寄る年波には勝てないです」と苦笑い。

 2014年は「ファンの方と直接会える機会を増やしたい」と意気込みを語り、「ついついテレビの収録などに時間を費やしてしまいがちですが、やはり支えてくださっているのは皆さま。今年も必ず本やDVDを出す機会が必ずありますので」と笑みを浮かべた。

要約に戻る

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら