箭内道彦氏、福山雅治は「お兄さんみたい」

2013年12月2日 16:40

要約

クリエーターの箭内道彦氏が2日、都内で行われたダンロップ低燃費タイヤ「エナセーブ」の発表会に出席。2014年1月中旬から放映される歌手の福山雅治が出演するCMについて「すごくシンプル」

全文を読む

 クリエーターの箭内道彦氏(49)が2日、都内で開催されたダンロップ低燃費タイヤ「エナセーブ」の新商品発表会に出席した。

 低燃費性と耐摩擦性能にすぐれ、丈夫で長持ちする「エナセーブ」第2世代スタンダード低燃費タイヤ「エナセーブ EC203」がこの日、お披露目。

 歌手の福山雅治(44)が出演する新テレビCM(2014年1月中旬から放映スタート)を手掛けた箭内氏は「ダンロップに勤めていらっしゃる方々はみんな1つの目標に向かってキラキラしている。そういった会社のCMというのは非常に作りやすいんです」とにっこり。
 「長持ちするということのこの時代における素晴らしさね。いろんなウワサでよく『ちょっと壊れるように作っているんじゃないか?』なんて話も聞きます。そんな会社はもちろんないですけど、でもそういうことを思う人って少しはいると思うんですね。そんな中で(ダンロップは)とにかくお客さまに喜んでいただけるようにって。そしてそれが環境にもいいとなると。そういうことをずっと考えている人たちですね。まじめな人たち」とたたえた。
 そのうえで「今回の新しいCMはできるだけシンプルにメッセージを伝えたいと思って作ったCM。福山さんが出演されている数々のCMの中でも1番まっすぐで、1番直球なCMだと思います。すごいアップです、福山さんが」と新CMの狙いを語った。

 さらに箭内氏は個人的にも親しいという福山について「とても男らしくておもしろくて。いろんな知恵や知識を持っている。5歳年下なんですけど、お兄さんみたいな感じですね」と魅力を語った。

要約に戻る

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら