矢沢が来た!音楽愛語った!「ヨロシク!」

2013年9月27日 22:10

ロック歌手の矢沢永吉が27日、都内で行われたライブ「ROXYPARTY」にシークレットゲストで登場。実力のある歌手を応援する目的で開かれたライブで「みなさん、応援ヨロシク!」と矢沢。

記事全文

 ロック歌手の矢沢永吉(64)が27日、東京・渋谷クラブクアトロで行われたライブイベント「ROXYPARTY」にシークレットゲストで登場した。

 有名無名にかかわらず、本当に実力のあるアーティストを応援したいという思いから、ロックバンドのFLOWやOKAMOTO’S、娘でロック歌手の矢沢洋子(27)が出演する同イベントをサポート。

 FLOWのステージ後に、ボーカルのKEIGO(33)が「実はきょうは『ROXYPARTY』を立ちあげるのに全面的にサポートしてくれた方が来ています。紹介します!矢沢永吉さんです!」と呼び込むと、人差し指を天に高く突き立てた矢沢が登場。600人の大歓声に「ウォウ!」とシャウトで答え、「ようこそ『ROXYPARTY』へ!僕ね、どうしても一言あいさつしたくて来ました。ヨロシク!」と声を張り上げた。

 「僕も40年、ロックをやっているわけですけど、不思議なのはライブハウスの楽屋は同じにおいがするんだよね。たぶん(観客の)みんなは経験がないから分かんないと思うんだけど、甘酸っぱいような、くさいような、お金がないような、でも、お金を絶対、将来とってやるぞと思うような、でもオレ、ダメかなと思うような切なさもまじっているような。それがね、ものすごく愛おしかったり、ガッツのもとになってたり、たぶんみんなもそうだよね。絶対、負けねえぞ!みたいなさ」とやんちゃな表情で語り、音楽を愛する者たちを鼓舞。

 「みんなも『最近、レコードがあまり売れなくなってきたよな。どうなるんだ音楽は?』と言っているけど、僕は信じてるね!生の本物は絶対フォーエバーだと思っているし、オーディエンスにも『本物をもっと見せろよ!』って言っているヤツが絶対いるからね。だからオーディエンスと『オレたちをもっと見てくれ』というミュージシャン、この連中たちが主役になるような企画の『ROXYPARTY』が、2回、3回となっていったらいいなと思います!みなさん、応援ヨロシク!また6カ月後にやりますのでヨロシク!」と宣言し、YAZAWAコールの中、ステージを後にした。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら