黒夢本格始動!2人の仲は「最高です!」

2013年9月6日 20:30

要約

ロックバンドの黒夢が6日、都内でデビュー20周年に向け本格始動となるライブを開催。2人のコンビネーションについて清春が「もう最高ですね!」と力強くコメントすると人時も大きくうなづいた。

全文を読む

 2人組ロックバンドの黒夢が6日、東京・台場のZepp DiverCity TOKYOで、デビュー20周年に向け本格始動となるライブ「DIVE INTO THE KINGDOM」を開催した。

 黒夢としてのライブは約1年8カ月ぶりで、会場限定シングルとして発売される新曲「KINGDOM」を初披露。ボーカルの清春は「僕らが王様の国ということではなく、僕らとファンの子たちの王国。20周年に向け、こういう感じになればいいなという曲」と紹介した。

 ライブ前には、黒夢結成以来初めてとなる囲み取材に応じた。
 ライブへの思いを「すごい楽しみに待ってたなという感じ」と清春。ファンも同じ気持ちでは?と問われると 「だといいですね。たぶん待ってて…待ってますかね?…待ってますね」と自問自答しながら答え、ベースの人時(ひとき)は「楽しみにしてずっとリハーサルもやってきたのでその通り以上のものができれば」と意気込む。2人のコンビネーションについて清春が「もう最高ですね!」と力強くコメントすると人時も大きくうなづいた。

 デビュー20周年記念アルバム「黒と影」が11月6日に発売されることも発表された。
 その中には人時が作詞をした曲も含まれており、清春から作詞を依頼されたときの心境を「死ぬかと思いました」と表現。「でも、光栄なことなので必死に考えましたけど、本当にいいのかなと思いながら、うれしい反面、不安と半々。(清春に詩を)提出するとき恥ずかしかったです。何百も歌詞を書いてきた人に対して僕が初めて書いて提出するわけですから。頑張りました」と謙遜すると、清春は「よくできてますよ、すごく。僕よりいいんじゃないかな?今後は全部書いてほしい」と太鼓判を押した。

要約に戻る

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら