岡本玲、極寒の地の水着撮影「拷問のよう」

2013年6月16日 18:29

女優の岡本玲が16日、都内でセカンド写真集「TRANS.」(集英社)の発売記念握手会。撮影地のフィンランドでは、マイナス20℃の屋外で水着姿になったと明かし「拷問のようでした」

記事全文

 女優の岡本玲(21)が16日、都内でセカンド写真集「TRANS.」(集英社)の発売記念握手会を開催した。

 灼熱のメキシコや極寒のフィンランドで、「いま出せる、ギリギリのラインで出していこう」とセクシーショットに挑戦。フィンランドでは、マイナス20℃の屋外で水着姿となり、「拷問のようでした」と撮影時の苦労を明かした。

 18日に22歳の誕生日を迎える。「(誕生日の)前日の深夜にドラマの撮影をしているので、次の日は寝てそう。あと学校に行きます」と特別な予定は立てていない様子。
 今後の目標として「頑張らなくても毛穴から色気が出る。そういう女性になっていきたい。徐々にいい女になりたい。よく童顔だと言われるので、恋愛も仕事も学業もしていい女になりたい」と女磨きを掲げ、恋愛面では「ドライブデートとかをしてみたい。(好みの男性は)寡黙な人」と夢を描いた。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら