吹石一恵、忽那に驚く「タイムスリップ!」

2013年4月20日 14:44

要約

宮崎あおい、忽那汐里、安藤サクラ、吹石一恵らが20日、都内で映画「ペタル ダンス」の初日舞台あいさつ。宮崎は「きっととても好みが分かれる作品かと思います。でも私はすごく好きな作品です」とPR。

全文を読む

 女優の宮崎あおい(27)、忽那汐里(20)、安藤サクラ(27)、吹石一恵(30)らが20日、都内で行われた映画「ペタル ダンス」の初日舞台あいさつに出席した。

 個々に悩みやとまどいを抱える4人の女性たちが“つながり”を感じ、新しい一歩を踏み出すロードムービー。

 4人は映画の内容にからめてそれぞれが考える“女子旅”をテーマとした衣装で登場。テイストが各自バラバラになったことに宮崎は「テーマは同じなんですが、個性が出ていておもしろいですよね」と共演者を見回し、笑みを浮かべた。
 ギンガムチェックのワンピースと白いタイツで決めた忽那は「タイムスリップして70年代に行って、ディスコで踊るイメージです」とにっこり説明。ヨーロッパへの旅を想定して服を選んだという吹石は、想定外の忽那の答えに「すご~い、タイムスリップしちゃうんだ!」と驚いていた。

 吹石は映画の撮影を通じて自身の考え方も変わったという。
 「あらためて気持ちを伝えるのってすごく大事だなって思いました。『ありがとう』って思ったら今度言おうじゃなくてすぐに言う。みなさんもこの作品を見て何か感じていただけたとしましたら、この映画館を出たらすぐに『映画良かった!』ってつぶやいていただいたりして。そういうこともお願いしたいと思います」と観客にお願いした。
 宮崎も「きっと、とても好みが分かれる作品かと思います。でも私はすごく好きな作品です。ほかでは味わえない感覚を味わえる作品かと思いますので、ぜひ多くの方に見ていただきたいです」としっかりと呼びかけた。

要約に戻る

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら