ももクロ意識のアプガ、東名阪ツアー決定!

2013年4月13日 21:00

アイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」が13日、神奈川・横浜BLITZで単独ライブ。初の東名阪単独ツアーの開催が発表された。古川小夏はタオルに顔をうずめて「タオルが絞れそう」と号泣。

記事全文

 モーニング娘。ら多くのアイドルグループが所属するハロー!プロジェクトの研修課程を修了し、さらなるステップアップのために結成されたグループ「アップアップガールズ(仮)」が13日、神奈川・横浜BLITZで3度目となる単独ライブを開催した。

 この日は、5人組アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の埼玉・西武ドーム2DAYS公演の初日で、メンバーは対抗心メラメラ。

 仙石みなみ(21)は「西武ドームじゃなくてこの横浜に集まってくださった皆さんを褒めちぎる~!」とファン1000人を鼓舞し、新井愛瞳(まなみ=15)も「西武ドームの5人組には負けません!」と声を張り上げた。

 気合十分のパフォーマンスで新曲「Next Stage」など20曲を歌いきると、7人が“Next Stage”へと進めるうれしいサプライズも。アンコール後のステージで初の東名阪単独ツアーが発表され、知らなかったメンバーもファンも一緒に大喜び。みるみるうちに涙があふれ出た古川小夏(20)は、タオルに顔をうずめて「タオルが絞れそう…」と声を震わせた。

 ツアータイトルは「アップアップガールズ(仮)1stライブハウスツアー アプガ第二章(仮)開戦」。8月31日に神奈川・横浜BLITZ、9月7日に大阪・umeda AKASO、9月8日に愛知・名古屋クラブクアトロで開催する。

 今回の単独ライブでは昼夜2公演ともに、横浜BLITZの1600席を満席にすることができなかったため、8月31日の同所での公演は「~横浜リベンジ決戦~」として行わなければならない。
 佐保明梨(さほ・あかり=17)は「(今回は)満員にできなかったので、悔しい気持ちもあったから、もう1回、7人でリベンジできるのはうれしい。次は絶対埋めたい」と誓いを立てた。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら