足つぼ攻撃に嵐・二宮悶絶「貼る方がいい」

2013年4月10日 12:33

嵐の二宮和也が10日、都内で「サロンパス」のCM発表会。多忙を極める二宮に、マッサージ師が施術する時間が設けられた。足つぼを押されると、「イテテテテッ、ちょっと待った。痛~い」ともん絶した。

記事全文

 嵐の二宮和也(29)が10日、都内で行われた外用鎮痛消炎剤「サロンパス」の新CM発表会に出席した。

 「支配人(登場)」編のオンエアが、11日からスタートする。二宮が癒やしのサロン「サロン・ド・サロンパス」のちょっと変わった支配人を演じるコミカルタッチの仕上がりだが、商品を自分の身体に貼るシーンはなし。
 これまで「ハの字貼り」「ヒラメ貼り」といったフレーズが一世を風びしたこともあり、二宮は「いろんな貼り方が過去にありましたから、今回は何貼りでいくんだろうって。二宮貼りができるのかなぁと思っていたんですけど」と軽く肩を落としつつ、それでも「いい意味で今まで(のCM)とまた違う。ガラッと変わった感じで、これでみんなにまた(商品を)使ってもらえれば」と太鼓判を押した。

 二宮自身が多忙を極めることもあり、ほぐしたい部分は「肩こり」と切実。「コンサートだったり、イベントだったり、体を動かす番組もありますから、疲れはありますよねぇ」とポツリと漏らした。
 そんな二宮支配人を癒やすべく、この日はプロのマッサージ師が二宮を施術する時間も設けられた。

 肩もみまでは気持ちよさそうにしていた二宮だが、マッサージ師が「足の裏にも肩につながるところがあるんです」と足つぼマッサージを始めると、二宮は「イテテテテッ、ちょっと待った。痛~い」ともん絶。「やっぱり相葉(雅紀)君ってすごいですね。こういう(痛い)仕事は相葉君にやってもらっていたので。やっぱり僕は毎日、家でサロンパスを貼る方がいいです」と顔を真っ赤にしながら商品をしっかりアピールし、笑いを誘った。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら