中元すず香、卒アルに納得採点「85点」

2013年4月7日 16:39

成長期限定ユニット「さくら学院」を3月に卒業した中元すず香が7日、卒業記念フォトブックのお渡し会を都内で。自己採点は85点で、「3年間、在籍したさくら学院の卒業アルバムかなと思っています」

記事全文

 成長期限定ユニット「さくら学院」に3年間在籍し、この春卒業した元メンバーの中元すず香(15)が7日、都内で卒業記念フォトブックのお渡し会を開催した。

 2010年4月から卒業直前までの、オン&オフショットが満載の初フォトブックで、「3年間在籍したさくら学院の卒業アルバムかなと思っています」という位置づけ。

 お気に入りの1枚は、故郷の広島で撮り下ろした制服以外の服を初めて着たショットで「大人っぽい自分が出ていると思います」と納得顔。自己採点は「85点」と“優”評価だが、「未来の可能性にかけて、15点は残しておきます」と採点に込めた思惑を明かした。

 最終学年では、ユニットの“生徒会長”も務めた。「もともと人と話すのが苦手なんですけど、1人じゃできないことも、みんなと一緒ならできるということを学びました。生徒会長にならなければ、こんなに成長できなかった」とかけがえのない中学生活を振り返った。

 課外活動で、ヘビメタユニット「BABYMETAL」のSU-METALとしても活躍中。「これからはアーティストとして活動を続けていきたい。もっと新しい世界を見てみたいなと思います」とさらなる成長に期待した。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら