パパイヤ鈴木、キンタロー。に親近感覚える

2013年3月28日 18:31

要約

パパイヤ鈴木、土屋アンナが28日、都内で行われたブロードウェーミュージカル「ヘアー」(5月29日~)の記者発表会に駆けつけた。来日したキャスト5名とダンスでコラボしたパパイヤは、「感動ですね」

全文を読む

 ダンサーでタレントのパパイヤ鈴木(46)、モデルで歌手の土屋アンナ(29)が28日、都内で行われたブロードウェーミュージカル「ヘアー」(5月29日~6月9日、東京・東急シアターオーブ)の記者発表会に駆けつけた。

 作品の舞台は60年代のアメリカ。平和や自由を探し求める若者たちの姿を描いた物語で、今回が初来日公演となる。この日はキャスト5名が緊急来日し、パパイヤとダンスでコラボ。パパイヤは「ブロードウェーって僕らダンスをやる人間にとっては聖地なんですよ。だから同じステージに立てたっていうのは、感動ですね」と感じ入った。

 2人の息子がいるアンナは、子どもが見ても楽しめる内容とアピール。「小さいころから(子どもに)感受性をつけてあげることは大事だと思うんですよ。ゲームばっかしてないで」と情操を育むことの大切さを語り、「親子で行って『ああよかったね。体が動かせたね』っていうのは、家族愛にもつながるし、仲間の愛にもつながると思うから、絶対に行ったほうがいいと思う」と続けた。

 自身も子どもと鑑賞する予定で、取材陣から「アンナさんが(客席で)ワーッてなりそう」と言われると、「その可能性はありますね。あたしね、どこでも踊っちゃうんですよ。人目を気にせずに踊っちゃうから。もしかしたら上の子は『うわ~きた。ママ、きた。恥ずかしいじゃん』って思うかもしれないけど、『それが、母親よ』ってね。ガンガンいきますよ~」と声を弾ませた。

 キャストが日本で覚えたダンスとして、元AKB48の前田敦子(21)をまねるタレントのキンタロー。(31)がよくやる“フライングゲットのポーズ”も披露。
 パパイヤは「(あのダンスが)旬なんじゃないですか。そこまで伝わっていることがすごいですよね。まあ、もともとAKB48(の振り付け)なんですけど…。キンタロー。色が強くなっている」と語り、「キンタロー。さんは皆さんに『顔がでかい、顔がでかい』って言われていますけど、僕もよく言われるんです」と親近感。顔が大きいのではなく「体が小さいんです」と説明し、「キンタロー。頑張ろう!」と勝手にエールを送っていた。

要約に戻る

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら