マリエ、本業にも意欲「お話をください」

2013年3月19日 21:49

タレントのマリエが19日、都内でブランド「ヴィンス・カムート」のパーティー。キックボクシングを始めたと告白。本業にも前向きで「お話をください!みんな、辞めたのかなって半信半疑なんだと思う」

記事全文

 モデルでタレントのマリエ(25)が19日、都内で行われた米ニューヨーク発のシューズブランド「ヴィンス・カムート」の日本上陸1周年パーティーに出席した。

 春らしい水色のワンピース姿で登場。昨年7月に約1年間のニューヨーク留学から帰国し、「今も行ったり来たりしています。おとといも帰ってきたばかり。やっぱり刺激になる」と笑顔をのぞかせた。

 留学前と比べ、大人の雰囲気をまとっていると報道陣に指摘されると「ちょっと大人になったのかな?とは思いますけど…最近、キックボクシングを始めたからかな?」と意外な習い事を告白。マネジャーから勧められたことがきっかけで、同じ事務所に所属する元プロレスラー・高田延彦の道場に約2カ月前から通い出したという。「高田さんに直接(習いたいと)頼んだ手前、落とし前をつけないと…。それも行く理由になっている。すごく自分のメンタルにあっている」とにっこり。

 まだ基礎練習の段階で「ミット打ちをやっても、『(恋人と)別れたくない~』ってもがいている女の子みたい。まだまだです」と苦笑したが、モデルの間でキックボクシングがブームのようで、「矢野未希子ちゃんとかケリーもやっている。いつかモデルだけのキックボクシング大会をやりたいと言っているんです。誰か企画してくれないかなぁ」と夢を語った。

 帰国後は芸能活動も控えめだが、「お話をください!やらないって言っているわけじゃないんですけど、みんな『もう辞めちゃったのかな』って半信半疑なんだと思う。電話をください!」とカメラに向かって呼びかけた。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら