HKT新公演開幕…デビューシングル初披露

2013年3月2日 11:30

記事全文

 AKB48の姉妹グループで福岡・博多を拠点に活動するHKT48が1日、新公演「博多レジェンド公演」をHKT48劇場でスタートさせた。

 同劇場オープンと同時にスタートした公演「手をつなぎながら」が2月17日で千秋楽を迎え、新公演はメンバー自身がセットリストを考案。

 ステージは博多の名所や食べ物、方言が歌詞に盛り込まれたご当地ソング「HKT48」でスタート。AKB48「君のことが好きだから」の博多弁バージョン「君のことが好きやけん」や、指原莉乃(20)と多田愛佳(18)が教師役を演じる「ボーイフレンドの作り方」などを披露すると、客席から大きな歓声が上がった。

 アンコールではメジャーデビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」を初披露。ラストとなる20曲目「白いシャツ」を歌い終えると、ファンから温かい拍手と声援がおくられた。

 兒玉遥(16)は「最初はこの公演で盛り上がっていただけるか心配でしたが、1曲目から予想以上に盛り上がっていただけて、本当にうれしかったです。博多弁を使った曲などオリジナリティーも取り入れた公演になっているので、たくさんの方に見ていただきたいです」とコメント。
 穴井千尋(17)も「最初は緊張していたんですが、始まったらあっという間でした。デビューシングル『スキ!スキ!スキップ!』も初披露でき、本当にうれしかったです。『博多レジェンド』という公演名に負けないよう努力し、HKT48を1人でも多くの方に知っていただけるようにこれからも頑張ります」と興奮冷めやらぬ様子で話した。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら