堀北真希、2年ぶり主演作でオタク女子熱演

2013年2月22日 13:40

記事全文

 女優の堀北真希(24)が映画「麦子さんと」(吉田恵輔監督、今秋公開予定)で主演を務めることが、発表された。

 ずっと昔に家を出ながら突然戻ってきた「最低」の母が亡くなり、母が青春時代を過ごした田舎に麦子が納骨のために訪れると、母はその町のアイドルだったことなどを知るというストーリー。母の青春の続きに付き合わされる不思議な数日間を過ごすことで、麦子の心に優しい気持ちが広がる。

 堀北は声優になることを夢見るオタク女子の麦子役。映画主演は2年ぶりで「麦子が、母との再会、そして永遠の別れを通して一歩大人になる、その過程の複雑な感情を思い描きながら演じました。監督から『ドキュメンタリーみたいな自然なお芝居で』と言われ、とても難しかったですが、大げさにならず、観ている方に感情移入してもらえるよう頑張りました」とコメントした。

 麦子の兄を俳優の松田龍平(29)、母を女優の余貴美子(56)が演じる。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら