【相楽樹】18歳になったら免許取得したい

2012年12月27日 16:00

要約

 今年3作目となる舞台出演作「すべての夜は朝へと向かう」が24日に千秋楽を迎えたばかりの女優・相楽樹(17)がこのほど、今年を総括したコメントを本サイトに寄せた。

 2012年を総括し、「舞台を3作品やらせてもらって、夏休

全文を読む

 今年3作目となる舞台出演作「すべての夜は朝へと向かう」が24日に千秋楽を迎えたばかりの女優・相楽樹(17)がこのほど、今年を総括したコメントを本サイトに寄せた。

 2012年を総括し、「舞台を3作品やらせてもらって、夏休みとかも映画を撮らせてもらったり、けっこうお芝居で盛りだくさんな1年だったなと思います。自分自身も成長できてすごいいい年でした」と満足の表情を浮かべた。

 現在、携帯専用放送局BeeTVで配信中の学園潜入型恋愛ドラマ「ハイスクールドライブ~目が覚めたら高校生だった~」に、詩織役で出演。
 青春の原風景を女子高生と男子高生の2人の視点から体験できる超主観ドラマだが、内容はとてもユニーク。女子高生「加奈」には38歳の「僕」(声:温水洋一)が、男子高生「蒼太」には38歳の「私」(声:光浦靖子)が心に入り込んだうえ、何もできずただリアルな突っ込みを視聴者と同じ目線で繰り広げる…という点。相楽は「特殊なドラマで、主人公の男の子と女の子の主観の映像があるので、(共演の)私たちがカメラに向かって話して撮影したりとか、一風変わった感じのドラマです。(ナレーションの)光浦さん、温水さんがコメントしているのが独特で楽しいですし、ぜひ高校生の日常を見てほしいな」とPRした。
 
 来年1月26日には出演映画「さよならドビュッシー」(橋本愛主演、利重剛監督)が公開になる。
 「片桐ルシア役で出演しています。初めて楽器をやるということでピアノを猛練習しました。練習した成果が出ているんじゃないかなと思います。とても重要な役をやらせてもらったので、最後のどんでん返しにぜひ注目してほしいな」と語った。

 プライベートでの来年の目標は、免許の取得。「3月に18歳になるので、いち早く免許を取りにいきたいな。免許が取れたら、江ノ島とかに行ってみたいですね」と目を輝かせた。

要約に戻る

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら