玉木宏、初舞台初主演。Xmasの予定なし

2012年12月21日 15:28

要約

玉木宏らが21日、都内で舞台「ホテル マジェスティック~戦場カメラマン澤田教一 その人生と愛~」の製作発表(来年3月7日~)。初舞台で初主演を務める。「いいチームワークを作ってやっていけたら」

全文を読む

 俳優の玉木宏(32)、別所哲也(47)、女優の酒井美紀(34)、紫吹淳(44)らが21日、都内で舞台「ホテル マジェスティック~戦場カメラマン澤田教一 その人生と愛~」(2013年3月7日初日、東京・新国立劇場)の製作発表に出席した。

 ベトナム戦争を撮影し、ピュリツァー賞を受賞したカメラマン、澤田教一さんとその妻らを描いた物語で、玉木は舞台初挑戦にして主役の「澤田教一」を演じる。

 「初舞台の製作発表ということで、いよいよかという思いになっております」と表情を引き締める玉木は、「まだ正直、けいこをやってみないとわからない。趣味でカメラをやっていることもあるので、澤田さんがどんな思いで戦場でカメラを握っていたのか、勉強しているところです」と真摯(しんし)に語った。
 座長というポジションについても「どうあるべきかは今の時点ではわからないけど、皆さんに助けていただきながらいいチームワークを作ってやっていけたら」と思いを吐露。
 別所は「主演の玉木さんが初舞台、初主演というその作品にかかわれることがうれしい。楽しみですよ、どんなふうに演じてくれるのか」と期待を寄せた。

 紫吹は初共演の玉木に「すてきですね。宝塚で男役を演じて『現実にはこんな男性はいないんだ』と思っていたけど、唯一テレビを見てすてきだと思ったのが玉木さんでいらっしゃって…」と熱烈にラブコール。妻役の酒井を横目に「どうして私がその役じゃなんでしょう」と恨み節で笑わせた。
 玉木の隣にいた別所は苦笑いで、「僕だって20年くらい前はこれくらいシュッとしていたんですよ」とアピールし笑いを誘った。

 玉木は10月に一般女性と交際中と報じられた。クリスマスは仕事の予定で、「仕事の後はすてきな方と一緒に過ごせそう?」と取材陣に聞かれると「何も予定はないです」と答えるのみ。さらに「来年、結婚の予定はないですか?」と声が飛んだが、何も答えることはなく会場を後にした。

要約に戻る

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら