謎のアカペラ集団、高度テクに閣下も脱帽

2012年12月12日 18:28

VOCA星からやってきたという触れ込みのアカペラ集団「ボカ・ピープル」が12日、都内で来日プレライブイベント。デーモン閣下も駆けつけ、日本のエンタメファンに「受けるんじゃないか」と太鼓判。

記事全文

 “VOCA星からやってきた”という触れ込みのスーパー・アカペラ集団「ボカ・ピープル」が12日、都内で来日プレライブイベントを開催し、世界が絶賛した実力を生披露した。

 頭からつま先まで白一色に身を包んだ8人組で、楽器は一切使わず、アカペラとビートボックス(口だけで音楽を奏でること)だけでビートルズやマイケル・ジャクソン、クイーンなどの音楽を70曲以上披露するという音楽性の持ち主。2009年に登場して以来、その高度なテクニックがアメリカ、ヨーロッパなどで絶賛され、いよいよ来年、日本に初上陸することになった。

 白いメークの異星人という設定のグループのステージに、白いメークの悪魔という設定のデーモン閣下が駆けつけ、クイーンのナンバーのメドレーで共演。「(日本のファンにも)受けるんじゃないか。音楽性のクオリティーは当然高く、同時に観客を飽きさせないでやることが大切だが、彼らからは観客を楽しませよう、笑わせようという思いが伝わってくる」と太鼓判を押し、日本での成功を約束した。

 日本公演は来年2月26日~3月10日まで。東京・天王洲銀河劇場で。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら