ゲスト声優は海荷、主題歌はゆずに決定!

2012年11月1日 7:00

記事全文

 来年1月12日公開のアニメ映画「劇場版HUNTER×HUNTER~緋色の幻影~」のゲスト声優と主題歌を担当するアーティストが決定した。

 劇場版は、原作者の冨樫義博氏が約10年前に描き上げた幻のネーム(漫画の下絵となるもの)から構成したオリジナルストーリーで、人気キャラクター・クラピカの過去を描いている。

 クラピカの親友で劇場版のキーパーソンでもあるパイロ役の声優を、女優の川島海荷(18)が務める。海荷は、初の男の子役のアフレコに挑戦。「男の子役を担当するということは衝撃でした!未知の世界なので楽しみです。練習をしっかりして男の子の声に挑みたいです!」とやる気いっぱいのコメントを寄せた。

 主題歌「REASON」(来年1月9日発売)は、2人組デュオのゆずが担当する。ゆずがアニメ映画に主題歌を提供するのは10年ぶり。北川悠仁(35)と岩沢厚治(36)、そしてアニメソングやアイドルへの楽曲提供で“ヒャダイン”としても人気の前山田健一が楽曲を共作した。

 「連載当初から知っていて、今回のオファーを受けて改めて読みなおして制作した」という北川をはじめ、3人がそれぞれ「HUNTER×HUNTER」の世界観にぴったり合った歌詞とメロディーを持ち寄り、これまでのゆずにはない“組曲形式”の楽曲が完成。

 ゆずは「大人気の作品なので、自分たちの楽曲を選んでいただいて大変光栄です。僕らの曲が映像に乗ることで、少しでも物語を盛り上げることができたらという想いでつくりました。作品の世界観にうまくマッチし、どういう化学反応を起こすのかとても楽しみです。『HUNTER×HUNTER』は知っているけどゆずの音楽は聴いてなかった方も、ゆずの音楽を聴いてたけど『HUNTER×HUNTER』は知らなかったという方も、この主題歌を通して、それぞれを知っていただけたら嬉しいです。どっちも好きだった!という方はラッキーですね(笑)」と起用の喜びを明かした。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら