声優決定!ブッダが星野でイエスが森山

2012年10月16日 8:00

記事全文

 来春公開予定のアニメ映画「聖☆おにいさん」のメーンキャラクターの声優が、俳優の森山未來(28)とミュージシャンで俳優の星野源(31)に決定した。

 漫画雑誌「モーニング・ツー」で連載中の中村光さんの人気同名コミックが原作。
 東京・立川でアパートをシェアする、目覚めた人ブッダと神の子イエスの日常を描く。

 森山がイエス、星野がブッダの声を担当する。

 森山は、もともと宗教をテーマにした作品に関心があった様子で、「小学生のころ、初めて読んだ伝記物は『キリスト』でした。中学生のころ、手塚治虫さんの『旧約聖書物語』や『ブッダ』に触れていました」と回想。「『聖☆おにいさん』は何年か前に人からのすすめで単行本で読ませていただいたんですが、中に盛り込まれている宗教的な小ネタがどれも分かるだけにたまらなく、これは日本人ならではの距離感だなと感じた記憶があります」と原作の持つ面白さについて語り、「イエスを演じるどうこうというより、とにかくアニメーションに言葉を乗せるという行為自体が初めてなので、この自分にとって新しい現場を、ブッダ演じる源ちゃんとのコンビネーションも含めて、とにかく楽しめればいいなと思います」とアニメ声優初挑戦への意気込みを明かした。

 星野も「新刊が出れば必ず買っていました」という愛読者で、「違う価値観の2人が一緒に暮らしているのがすごく好きです。人間は皆ばらばらなのだ、と常々思っていたんですが、天界も同じだったのかと(笑)。でもその2人が相手を思いやりながら生活している。ある意味、すごく人間的で普遍的な話だなと思っていました。自分とお金に厳しく、シルクスクリーンが好きなブッダとして生きられるよう、頑張りたいと思います。収録がすごく楽しみです」と深い思い入れを伝えた。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら