亀梨和也、“亀汁”浴びても「安心して」

2012年9月2日 20:03

KAT-TUNの亀梨和也らが2日、東京・日比谷の帝国劇場で舞台「DREAM BOYS」の公開けいこ。初日をあすに控え、フライングの新技に初成功した。「客席に人が入っていると力が出てきます」

記事全文

 KAT-TUNの亀梨和也(26)、Hey!Say!JUMPの八乙女光(21)、Kis-My-Ft2の玉森裕太(22)、千賀健永(21)、宮田俊哉(23)が2日、東京・日比谷の帝国劇場で舞台「DREAM BOYS」の公開けいこを行った。

 2004年から続く、少年たちの青春と夢を描いたエンターテインメント作品。歌やダンスはもちろん、フライングやアクロバット、ボクシングなど見どころ満載の内容となっている。

 公開けいこ後に5人は取材に応じた。

 座長の亀梨は「ステージ上での通しけいこは初めてだったんです。ちょっと緊張しました」と無事終わったことにほっとした表情を見せたが、次の話題になると一転、厳しい表情に。
 歌舞伎俳優の市川染五郎(39)が舞台セリから転落し右側頭部と右半身の打撲、右手首骨折で入院したばかりだけに、舞台に立つ者として「本当に何が起こるか分からないので、細心の注意をはらってやっていますし、これからも危険だということを肝に銘じてやりたい」と襟を正し、「早く染五郎さんにもステージに戻ってきてほしいなと思います」とエールを送った。

 通しけいこでは中国河北省滄州市雑技団直伝の新フライング技を成功させたが「実はきょうまでは正直1回も成功してなくて、何とかできたんでちょっとホッとしています。客席に人が入っていると、なんか力が出てきますよね」と改めて観客の持つ力に感謝した。

 東日本大震災以降、余震が頻発したため昨年は見送られた客席上空でのフライングも、今年から復活する。
 クライマックスには亀梨、八乙女、玉森、千賀、宮田の5人でのフライングシーンもあり、フライングを熱望していた千賀は「うれしいです!」と大感激。亀梨も「5人でというのはすごいことですよね。この5人でやる意味を1番に考えて作っていった舞台なので、随所にそれぞれのいい味が出てると思います」と座長として自信を見せた。

 5人の中で最もフライングシーンの多い亀梨に、リポーターから「“亀汁(亀梨の汗)”がすごいですよね!客席と近いぶん、お客さんが浴びる感じになりますね」とうれしい悲鳴が上がると「汗がね。でも、1日に4回くらいシャワー浴びてるので安心してください!」と照れ笑いした。

 舞台は3日からスタートする。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら