JOY、相方・松岡卓弥に「楽しみ!」

2012年8月11日 20:19

要約

歌手・JOYのコラボパートナーを決定するオーディションが11日、都内で開催され、サーターアンダギーの松岡卓弥が優勝した。コラボ曲は9月5日に配信開始。相方を得たJOYは「これから楽しみ!」

全文を読む

 歌手・JOY(27)のコラボレーションパートナーを決定するプレミアムオーディションが11日、都内で開催され、松岡卓弥(23)が優勝した。

 9月5日に配信リリースするシングル「長い間」(原曲・Kiroro)でJOYのパートナーを務める男性ボーカリストを選ぶもので、決勝戦に勝ち進んだ5組がJOY本人と生歌を披露する様子を、動画サイト「ニコニコ動画」で生中継。視聴者の投票により優勝者が松岡に決定した。

 司会者から名前を呼ばれた松岡は「ありがとうございます!」と一礼。タレントの山田親太朗(26)、「新選組リアン」の森公平(24)とともにアイドルユニット「サーターアンダギー」としても活動しているが、「僕は歌が歌いたくてこの業界に入ったので、また歌う機会が増えてうれしいです」と活躍の場が広がることを喜んだ。

 審査で松岡と声を重ねたJOYも「さっき初めて一緒に歌ったんですけど、声質がすごく合うのでこれからが楽しみだなと思います」と声を弾ませた。

 今後の目標について松岡は「“第2のWaT”さんみたいになれたらなって思います。僕、本当にたまになんですけど、小池徹平さんに似てるって言われることがあるので。JOYさんはハーフということでウエンツ瑛士さんみたいな」と妄想を展開。JOYも「大丈夫?」といぶかしがりつつ、「僕はウエンツよりユージですけどね、似てるって言われるのは。でも、そんな(WaTみたいな)感じになるのかなぁ」とまんざらでもなさそうだった。

 まずは配信リリースからスタートするが、ゆくゆくはCDデビューをしたいと2人そろって野望もチラリ。まだコンビ名も決まっていないが、松岡は「『長い間』でコラボするだけに、2人で長い間やっていければなと思います」とほほ笑むと、JOYが「ちょっと、それはオレが言ったってことにして!」と続け、早くもチームワーク抜群だった。

要約に戻る

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら