石田純一、義父・東尾修氏の肉体改造を報告

2012年7月26日 15:04

要約

タレントの石田純一が26日、家庭用カラオケ機器「Smart Karaoke」のPRイベントを都内で。義父の東尾修氏が、初孫のために「体を鍛えて、8キロくらいおやせになった」と報告した。

全文を読む

 タレントの石田純一(58)が26日、都内で行われた家庭用カラオケ機器「Smart Karaoke」のPRイベントに出席した。

 妻の東尾理子(36)が第1子を妊娠中。「胎教のためにミスチルからドリカムまで、ラップ系ではKREVAさんを聞いています。(おなかを)指で突くと返してくれるみたい。人生で何カ月の貴重な体験です」と顔をほころばせた。

 2人の子を育てた経験があるが、「あのころは寝る時間もなかったので…そういう意味では比較的時間がたっぷりあるので」と誕生が待ちきれない様子。

 義父の東尾修氏について、初孫のために「体を鍛えて、8キロくらいおやせになった」と報告。キャッチボールを楽しみにしているそうで「長生きしようと思ってくださっているみたい。まだまだ頑張っていただきたいと思います」と笑顔を見せた。

 この日、「おうちカラオケ部」が発足。才色兼備の高齢女性によるユニット「TEAM美魔女」から選ばれた8人で結成されたもので、8人には「1カ月以内に“スマカラ”で1万曲を歌う」というミッションが課せられ、クリアするとCDデビューすることが発表された。

 石田は「聞きしに勝る。時を味方にした女性は本当に素敵。美を体現されている女性はすばらしい」と絶賛し、「美魔女は文化です!」と自身の名言をもじってにんまり。「理子さんとはどっちがキレイ?」と質問されると「いやぁ~…うちのは明るい、かわいらしい感じなんで…」としどろもどろだった。

 ミッションを課せられた8人へ「ぜひカラオケでも1万曲を歌いきって。AKB48の次は美魔女かもしれない。その歴史的瞬間に立ち会えてうれしい。ぜひ実現して世の中に明るさと勇気とハッピーを与えて」とエールを送った。

要約に戻る

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら