新トップ凰稀かなめ「新生宙組をよろしく」

2012年7月12日 20:59

宝塚歌劇団の宙組公演「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」(8月31日~)の制作発表会見が12日、東京宝塚劇場で。宙組新トップスターの凰稀かなめは「どうぞ新生宙組をよろしくお願いいたします」

記事全文

 宝塚歌劇団の宙組公演「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」(8月31日~10月8日)の制作発表会見が12日、東京・日比谷の東京宝塚劇場で行われ、宙組新トップスターの凰稀(おうき)かなめ、新トップ娘役の実咲凛音(みさき・りおん)らが出席した。

 作家の田中芳樹氏の大ベストセラー小説が原作で、銀河帝国と自由惑星同盟の戦いや、圧倒的なカリスマ性を持つ名将ラインハルトとその側近たちの人間ドラマを描く。

 本公演は、凰稀と実咲のお披露目公演となる。ラインハルト役の凰稀は「このような大作で新生宙組がスタートできることを、本当にうれしく幸せに思っております。これからも皆さまに楽しんでいただける舞台を目指し、精いっぱい心をこめて務めてまいりたいと思いますので、どうぞ新生宙組をよろしくお願いいたします」とあいさつ。

 実咲が2012年5月に花組から宙組に組替えしたため、2人は初めて相手役を務める。凰稀は実咲の印象を「私はみんなから(実咲さんが)サバサバしていると聞いていましたが、実際にしゃべってみてサバサバ感がまったくなく『この子は天然だ』と思いました」と語り、実咲は「舞台を見ていた凰稀さんのイメージは、舞台に対して熱くかつ繊細。他の方にはない魅力を放たれているなと感じました」と尊敬のまなざしを向けた。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら