高嶋政宏公開けいこ、本番では厳しい表情で

2012年4月24日 14:23

要約

高嶋政宏、瀬奈じゅんらが24日、都内でミュージカル「エリザベート」の公開けいこ。取材陣と一般募集したオーディエンスの前で歌を披露した高嶋は「きょうはお客さんを意識してしまいました」と照れ笑い。

全文を読む

 俳優の高嶋政宏(46)、女優の瀬奈じゅん(38)、春野寿美礼(39)らが24日、都内でミュージカル「エリザベート」(東京・帝国劇場、5月9日~)の公開けいこを行った。

 初日公演を2週間後に控え、取材陣や一般募集のオーディエンス約40人に、劇中の歌唱曲「ミルク」「ママ、何処なの?」など5曲を披露した。

 アンサンブルキャストと共に「ミルク」を歌い上げたルイジ・ルキーニ役の高嶋は「ちょっときょうはお客さんを意識してしまいましたねぇ。本番ではもうちょっと厳しい表情でやりますから」と照れ笑いで自分の出来を謙そん。2000年から単独でルキーニ役を演じ続け、まもなく1000回となるが「何回やっても慣れとかそういうのが通用しない作品ですね」としみじみ語り、「今回は新しいキャストが入ったことによって、同じシーン、同じ台本なんだけど、化学反応といいますか、新しい化学変化が起きていると思います」と生ものならではの発見の喜びを話した。

 エリザベート役は、2010年に公開された同作のエリザベート役で華々しい女優デビューを飾った瀬奈と、初参加となる春野がダブルキャストで務める。

 俳優の岡田浩暉(46)と共に楽曲「夜のボート」を披露した瀬奈は、「けいこ場で、みなさんに『似てる』って言われます。双子の役とか、いつか必ずやりたいですね」と春野との共演を喜ぶと、岡田も「すっごい仲が良くて。見ていて幸せな気持ちになりますね」とダブルキャストの2人に笑顔を見せた。

 俳優の石丸幹二(46)と共に楽曲「私が踊る時」を歌った春野は、宝塚歌劇団時代に同作のトート役を演じたことがある。
 「宝塚でやったトートというのは男役でしたので、形を気にしていたといいますか。『俺はトートだ』みたいな感じを見せていたのですが、今はエリザベートとして生きていまして、新たな発見というのがたくさんあります」と新境地に意欲を見せた。
 瀬奈について尋ねられると「手取り足取り瀬奈さんに教えていただいておりまして、本当に勉強することがたくさんあります。本当に頼りになる、いてくれてありがとうございますという感じです。私も頑張ります」と笑みを浮かべ、石丸に「本当に仲がいいんですよ。お2人ともとてもすてきです」と褒められると「ありがとうございます」と一礼した。

要約に戻る

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら