親善大使の宇井愛美、谷垣総裁にラブコール

2012年4月19日 12:08

モデルの宇井愛美が初代・JCAサイクリング親善大使に任命され19日、都内で任命式。「サイクリング好きな男性は好き?」という質問に「町で見かけると目で追ってしまう。サイクリングデートもしたい」

記事全文

 モデルでタレントの宇井愛美(25)が財団法人日本サイクリング協会の初代「JCAサイクリング親善大使」に任命され19日、都内で行われた任命式に出席した。

 同協会会長を務める自民党の谷垣禎一総裁(67)から委嘱状を受け取り、「このような名誉ある大使に就任させていただき、うれしく思います。自転車の魅力を1人でも多くの方に伝えていけるよう努力したい」とあいさつした。

 自転車の魅力を「人との距離も近いし、自然や風景を楽しみながら走れる」と笑顔で説明。最近は石垣島をツーリングしたと明かし、「2日間で島を1周して、90キロくらい走りました。風景もきれいですし、おじいさん、おばあさんとお話をしたのが楽しかったので、すごく印象に残っています」と語った。

 「サイクリング好きな男性は好き?」という質問には「はい、谷垣さんもそうです」と隣の谷垣総裁をちらりと見やり、「町で見かけると目で追ってしまいますし、何の自転車に乗っているかが気になってしまいます。サイクリングデートもしてみたいです。夏に(瀬戸内の)しまなみ海道とかを一緒に走れたら楽しいだろうなって思います」と理想のデートを思い描いた。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら