絢香「NEWS ZERO」テーマ曲担当

2012年4月2日 6:00

2日にリニューアルする日本テレビ系「NEWS ZERO」の5代目テーマソングに、絢香の「ツヨク想う」が決まった。「この曲が番組を観た方々にとって、ほんの少しでも『力』になれば…」とコメント。

記事全文

 シンガー・ソングライターの絢香(24)が、2日にリニューアルする日本テレビ系の報道番組「NEWS ZERO」(毎週月~木午後10時54分、金午後11時58分)のテーマソングを書き下ろしていることが、分かった。昨年12月に活動再開後初となる書き下ろし作品で、曲名は「ツヨク想う」。

 絢香は「デビューの頃からずっと応援していただいてる『NEWS ZERO』のテーマソングを担当できるなんて、本当に光栄です。スタッフの皆様が番組にかける熱い思いを間近で見てきたので、その思いを胸に、大切に書きました」とオファーを喜び「この曲が『NEWS ZERO』にとって、そして、番組を見た方々にとって、ほんの少しでも『力』になれば…と心から願っています」とコメントを寄せた。

 これまで「NEWS ZERO」のテーマソングは、スガシカオ、Chara、福山雅治(「道標」)、福山×宮本笑里(「道標2010」)、氷室京介が担当。日本を代表するミュージシャンが手掛けてきたテーマソングのラインアップに、5代目として絢香の楽曲が加わることになる。

 番組担当の山崎大介プロデューサーは「絢香さんの楽曲に『おかえり』という曲があります。デビュー以来、ZEROと縁が深い絢香さんのおかえりの場所として、今年のZEROのテーマソングをお願いしました。というのも、2006年のZEROのスタートと絢香さんのデビューが、同じ年だったこともあり、ZEROは、放送開始と共に絢香さんとさまざまなプロジェクトをおこなってきました。難病のムコ多糖症を支援するライブや、小児がんの子ども達を救う絢香さん主催の武道館ライブなど。その経験を共にする中で、彼女の『音楽のチカラ』を信じる強さを知りました。しかし、2009年。突然の活動休止。彼女にとって、初めてで、そして、大きな逆境となりました。そんな絢香さんなら、2012年のテーマソングの制作をするにふさわしいと思いました。今、日本は、逆境から立ち上がることが問われています。活動休止という、痛みを知った絢香さんにしかできない、彼女自信が信じる『音楽のチカラ』にZEROはかけてみようと思いました」と起用の経緯を説明している。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら