HKT48に初チーム。キャプテン穴井千尋

2012年3月4日 20:30

HKT48の「チームH」の結成&メンバー発表会見が4日、福岡のHKT48劇場で。キャプテンになった穴井千尋は「びっくりして正直不安ですが、チームHで協力してみんなを支えていきたいです」

記事全文

 福岡・博多を拠点に活動を展開するAKB48の姉妹グループ、HKT48の「チームH」の結成&メンバー発表会見が4日、福岡のHKT48劇場で行われた。
 
 同グループのチーム結成は初めて。第一期生から選ばれたメンバーはキャプテンの穴井千尋(16)を筆頭に、植木南央(14)、熊沢世莉奈(14)、センター兒玉遥(15)、古森結衣(14)、下野由貴(13)、菅本裕子(17)、田中菜津美(11)、谷口愛理(12)、中西智代梨(16)、松岡菜摘(15)、宮脇咲良(13)、村重杏奈(13)、本村碧唯(14)、森保まどか(14)、若田部遥(13)の16人だ。
 
 チームHのキャプテンに就任した穴井は、「チームHは普段は仲いいけど、仲いいだけではなく、言いたいことは言い合ってお互いを高めあうチームにしていきたいです」と決意を表明。センターの兒玉は、「自分にしかない発想、感性で多くの人々を魅了していきたいです」と目標を明かした。
 
 これまでアンダーとして出演していた谷口は、「とにかく楽しんで、私の愛理スマイルで見ているみんなを笑顔にしたいです」と伝え、感極まって号泣。周りのメンバーが声をかけるひと幕もあった。
 
 穴井がキャプテンになった感想を取材陣から求められた兒玉は、「ちーちゃんは見えないところで努力していて、陰で引っ張っていってくれる存在です」と全幅の信頼を寄せた。
 責任ある立場を任された穴井は、「びっくりして正直不安ですが、チームHで協力してみんなを支えていきたいです」と等身大の思いを伝えた。

 会見後にはチームH初のステージとなる「手をつなぎながら」公演を行い、ファンへ初披露した。
 チーム入りしなかった安陪恭加(14)、今田美奈(14)、江藤彩也香(14)、仲西彩佳(15)、深川舞子(12)の5人は、HKT48研究生として活動していく。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら