デーブのダジャレ攻撃。タジタジのボビー

2012年3月4日 14:56

記事全文

 タレントのデーブ・スペクター、格闘家のボビー・オロゴンらが4日、東京・六本木で映画「スターウォーズ エピソードI/ファントムメナス」(3月16日)の3D公開を記念したイベントに参加した。

 ジョージ・ルーカス監督が最新テクノロジーを駆使し、自らの名作を3Dでよみがえらせた。ルーカス監督の娘で格闘家のアマンダ・ルーカス(30)も来日し「父も来たいと言っていました。1カ月で2本映画を作って、疲れていたので来られませんでした」と事情を説明した。
 登場人物のコスチュームで登場したデーブは「若い人とか、芦田愛菜ちゃんとか見たことがない人もいるので、映画館で見てほしい」と呼びかけた。

 デーブとボビーは、舞台あいさつの後囲み取材に応じたが、徹底的にかみ合わないやり取りに終始した。
 冒頭「オセロの中島がちょっと遅れています」とダジャレでつかんだつもりがも、ボビーには不評。その後もデーブが繰り出すダジャレにボビーは「どうすればいいの?」と困惑気味。「真面目にやろうと話していたにも関わらず、デーブさんの世界に引っ張られて残念です。すいません」と体を小さくして、会場を後にした。 

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら