AKB48初アニメ、主役声優9人決まる

2012年2月2日 14:49

記事全文

 アイドルグループのAKB48を題材にした今春スタートの初アニメ作品「AKB0048」(放送局未定)の主役声優の配役が2日、発表された。
 AKB48ファミリー(AKB48、SKE48、NMB48、HKT48)200人がオーディションに挑み、昨年12月13日の最終選考で9人に絞られた。9人は、主題歌も歌う。

 河森正治総監督は「キャスティングオーディション前に、ある程度はどのメンバーがどの役に向いているか想定していました。ところが、実際にいろいろな役を試してもらったり、4人ごとにグループになって掛け合いのセリフを演じてもらったりする中で、新しい可能性が見えてきて、スタッフ一同、朝まで白熱した論争を重ねて、この配役が決まりました」と選考過程を説明。「9人とも皆、こちらが演技指導をしていく中で、飲み込みも早く、自分の個性を出そうとする対応能力には本当に感心します。これまでのAKB48での活動が彼女達の新しい可能性にチャレンジしていく能力を育んでいるのだと思います。今回『AKB0048』では、9人誰もが主人公です。実際に、本番のアフレコで演じていく中で、誰が自分のキャラクターと共に輝いていくのか、私もこれから楽しみです」と期待を寄せた。

 「芸能禁止法」によってアイドル活動が禁止される時代に、非合法アイドル「AKB0048」が立ち向かっていくストーリー。
 配役は次の通り。
 藍田織音役→仲谷明香、一条友歌役→佐藤亜美菜、神崎鈴子役→秦佐和子、岸田美森役→佐藤すみれ、東雲彼方役→石田晴香、東雲楚方役→矢神久美、園智恵理役→渡辺麻友、本宮凪沙役→岩田華怜、横溝真琴役→三田麻央。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら