【U‐KISS】新曲の魅力&新年の抱負

2012年1月7日 13:09

要約

 2011年12月14日にシングル「Tick Tack」で日本デビューした韓国の7人組男性グループ「U‐KISS」が、2012年の抱負を明かした。

 メンバーは「Tick Tack」の魅力を日本語でPR。
 フン(

全文を読む

 2011年12月14日にシングル「Tick Tack」で日本デビューした韓国の7人組男性グループ「U‐KISS」が、2012年の抱負を明かした。

 メンバーは「Tick Tack」の魅力を日本語でPR。
 フン(21)は「かっこよくて、本当に楽しめる曲です。歌詞がちょっと悲しいので、歌っているときは本当に悲しいです」と切なげな表情を見せ、ケビン(21)は「『Tick Tack』はダンスパフォーマンスが一番かっこいいと思います!」と思い入れたっぷりに伝えた。

 2012年は、認知度アップを目標に掲げる。
 ドンホ(18)は「CMも出たいですし、ファンの皆さんとももっと会いたいです」と話し、ケビンは「イベントとかテレビ番組に出たいです。バラエティーとドラマにも!頑張ります!」とやる気満々。
 
 3月2日からは、日本6カ所を巡るツアー「U-KISS 1st JAPAN LIVE TOUR 2012」もスタートする。リーダーのスヒョン(23)が「いろんなステージを準備していますので、遊びに来てください」とファンに呼びかけた。

要約に戻る

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら