台湾の歌姫ギ・ルセン、日本語学び進出誓う

2011年10月26日 21:07

要約

台湾の人気女性シンガー、ギ・ルセンが26日、都内でワンマンライブを開催。日本デビューはこれからだが「日本でも活躍したい」と意欲的。日本語上達のために、「日本人の彼を作って、日本語を学びたい」

全文を読む

 台湾の人気女性シンガー、ギ・ルセン(29)が26日、都内でワンマンライブを開催した。

 25日に行われた「第8回東京国際ミュージックマーケット」の商談会ミニショーケースライブに出演したルセンが、無料ライブを実施。この日が日本での行う初めてのワンマンライブだったが、「三個字」などを披露し、堂々としたパフォーマンスで集まった観客約110人を盛り上げた。

 ライブ前には報道陣向けに2曲を披露。司会者から「歌ってみてどうですか?」と感想を求められると「私ではなくて、みなさんの感想はいかがですか。どうでした?」と逆取材。拍手を送る取材陣の姿に満足そうだった。

 日本デビューはこれからだが、司会者から「いま日本では台湾出身のテレサ・テン、ビビアン・スー、金城武が人気ですが、今後、日本で活動したいと考えていますか」と聞かれると「これから金城武さんやビビアン・スーさんのように日本で活躍したいです」と元気よく宣言した。

 気がかりなのは日本語の語学力だという。「日本でも活躍したいですが、日本語が分からないので、日本デビューの前にまず日本人の彼氏を作って、日本語を学びたいです」とリップサービスし、会場を沸かせた。

 東日本大震災についても触れ、「被災地の人たちには、どんな環境でも困難に負けずに無事に乗り越えようという、柔軟な心を持ってほしい。これからも勇気を持って、前を向いて明日に向かっていただきたい」とエールを送った。

要約に戻る

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら