浅丘ルリ子初挑戦前に弱音「すっごい憂鬱」

2011年8月22日 20:45

要約

浅丘ルリ子らが22日、都内でミュージカル「ニューヨークに行きたい!!」(東京・帝国劇場、10月29日初日)の製作発表会見に出席。ミュージカル初挑戦に浅丘は、「すっごい憂鬱(ゆううつ)です」

全文を読む

 女優の浅丘ルリ子(71)、俳優の村井国夫(66)らが22日、都内でミュージカル「ニューヨークに行きたい!!」(東京・帝国劇場、10月29日~11月20日)の製作発表会見に出席した。

 ヨーロッパ各地で大ヒットを記録したミュージカル・コメディーが日本初上陸。これまでに多くの舞台に出演している浅丘は、本作がミュージカル初挑戦になる。華やかなウエディングドレス姿とは対照的に表情は暗く、「いまの気持ちは“死にたい”です。すっごい憂鬱(ゆううつ)です。私に歌えってか、っていう。どうしようって不安ばっかりで。何もしたくない。本当にもう、できることならいまから降りたい」と募る不安を口にした。
 笑顔で見守る共演者の村井、女優の瀬奈じゅん(37)、俳優の橋本さとし(45)を見渡し、「あなたたちは(ミュージカル)慣れてるからいいわよ」と訴えると、会場からも笑い声が飛んだ。

 会見後の取材では、21日に小脳出血のため亡くなった俳優の竹脇無我さん(享年67)のニュースに浅丘はしばし絶句。「あの人、前からちょっと具合いがよくないときがあったの…」とぽつりと漏らし、「どうしてここのところ、(亡くなる人が)多いんでしょう。お天気もそうだし、何もかも、世の中がちょっとおかしいでしょう。その中でバタバタと倒れていくって、すごく嫌ですね」と沈痛な表情を見せた。
 村井も「60代が次々と倒れていて。つくづく健康というのは何よりも大事だと思いますね」とぽつり。「だからこそこのミュージカルで、みんなに笑っていただきたい。そういったことを提供できる作品になればという感じがすごくしますね」と続けると、共演者らも深くうなずいていた。

要約に戻る

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら