小栗、未來に戦々恐々「怒られるんじゃ…」

2011年6月23日 17:34

俳優の小栗旬、森山未來らが23日、都内で劇団☆新感線の最新舞台「髑髏城の七人」の製作発表に出席した。ストイックな森山と初共演する小栗は戦々恐々で「けいこが始まると、怒られるんじゃないかと思う」

記事全文

 俳優の小栗旬(28)、森山未來(26)らが23日、都内で行われた劇団☆新感線の最新舞台「髑髏城の七人」の製作発表に出席した。

 1990年に初演されて以来、7年ごとに上演されている作品で、初演から21年目で4度目の公演になる。

 小栗は初共演となる年下の森山に戦々恐々で「時々飲み会の席で会うと、ストイックな人だと思っていた。けいこが始まると、森山未來に怒られるんじゃないかと思う」と探るような感じで打ち明けた。

 森山は「コミュニケーションが重要だと思って芝居をやっているので、コミュニケーションはしていきたい」と率直に語り、演劇論を戦わせるのではなく、重要なのは対話と強調。温度差をチラリとのぞかせた。

 小栗の気がかりはもう一点。共演俳優・勝地涼(24)の体力だ。「きのう一緒にランニングをしたんですけど、まったくスタミナがない。台本を読むと勝地君が一番舞台にいるので、体力が必要だと思うけど、一番ない」とバッサリ。10キロ程度のランニングの途中でひざが痛いと訴えた点も気がかりで「とてもまじめな人なので、ひざだけが心配です」と気づかった。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら