バニラビーンズ、前代未聞のレンタル移籍!

2011年6月3日 22:16

要約

アイドルユニットのバニラビーンズとNegiccoが3日、都内で行われた「T-Palette Records」のお披露目イベントに出席。バニビのレナは「アイドルフェスをしたい」と野望を語った。

全文を読む

 2人組オシャレ系アイドルユニットのバニラビーンズ、新潟出身3人組アイドルユニットのNegicco(ねぎっ娘)が3日、東京・タワーレコード渋谷店で行われた「T-Palette Records」のお披露目イベントに出席した。

 「T-Palette Records」は、タワーレコード発のアイドル専門レーベル。店舗を中心としたイベントなどさまざまな独自プロモーションを駆使し、「音」にこだわったタワレコらしいアイドル・ミュージックを発信していく。

 すでに「徳間ジャパンコミュニケーションズ」からデビューしているバニラビーンズは、音楽業界では前代未聞の“レンタル移籍”。同レーベルの第1弾アイドルとして29日に枚数限定ワンコイン・シングル「天国への階段」をリリースする。

 メンバーのレナは「バニラビーンズって、年齢も身長もちょっとアイドルとしてはみ出てるんですけど、アイドルレーベルの第1弾に選んでいただいて、アイドルとして認められたんだってすごくうれしいです」と興奮。リサも「ビックリしました。でも、こうしてお声をかけていただけるってことは、すごくありがたいことだと思っています」と喜んだ。

 第2弾アイドルとして7月20日にミニアルバム「GET IT ON」をリリースするNgiccoは、地方を中心に活動してきただけに緊張気味。メンバーのNao☆(23)は「8年やってきて、ここに立ててるってことが本当にすごいことだと感じています。辞めようと思ったこともありました。上がったけど下がるってことが多くて…。だから今回のことを1つの大きな波として、全国に知られることができるように頑張りたいと思います」とあいさつした。

 バニラビーンズのレナが「このレーベルからいろんなアイドルがどんどんデビューしていったら、みんなで“嶺脇(タワーレコード代表取締役社長の名字)フェス”っていうのをやりたい!」と野望をブチ上げると、ステージ上の全員がうなずくなど早くも熱い思いを共有していた。

要約に戻る

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら