ジャスティン・ビーバー来日。日本初ライブ

2011年5月17日 13:35

記事全文

 ワールドツアー中のカナダ出身の歌手、ジャスティン・ビーバー(17)が16日、台北発の航空機で関西国際空港に到着した。17日に大阪・ZEPP OSAKAで、19日に東京・日本武道館で日本初ライブを行う。
 
 空港ロビーでは、平日にもかかわらず多数のファンが出迎えた。黒のサングラス、白いTシャツにブルーのパーカーを羽織り、ウォッシュの入ったデニム、グレーのスニーカーに黒いリュックを背負ったいつも通りのカジュアルなスタイルでファンに駆け寄り、色紙やCDに丁寧にサインをするなど、ファンとの交流を楽しんだ。
 ワールドツアーの疲れも見せず、「また日本に戻ってこれてうれしいよ!今、僕は大阪にいるよ。僕の映画も公開されたし、新しいアルバムも発売になったので、聴いてね! NEVER SAY NEVER」とコメント。終始元気な笑顔を絶やさなかった。

 震災の影響で、初ライブ開催が一時は危ぶまれていた。海外アーティストの来日公演が軒並み延期・中止される中、ジャスティン本人の日本への強い思い、ファンとの約束を果たすという熱い思いで、ワールドツアーの最終地である日本行きを実現した。

 現在、公開中の3Dドキュメンタリー映画『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』も公開中。最新アルバム「ネヴァー・セイ・ネヴァー~映画公開記念盤」も発売されている。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら