福山雅治&内田裕也夫妻、異色“初共演”

2011年4月22日 6:00

記事全文

 歌手の福山雅治(42)とロックンローラーの内田裕也(71)と女優の樹木希林(68)夫妻が、テレビCMで初共演することが、分かった。福山は初のウエディングソングとなるCMソング「家族になろうよ」を担当し、内田夫妻は理想の夫婦像として出演する。異色の取り合わせは、22日からオンエアされるリクルート「ゼクシィ」のCMで目の当たりにできる。
 
 福山は、2月から全国ツアーを行っていたが、東日本大震災を受け延期を決定。ツアー中断時に書き下ろした作品が、自身初となるウエディングソングとして完成した。
 イメージは結婚式の「両親への手紙」。ツアーを再開した今月16日の三重県営サンアリーナ公演でいち早く披露されると、感動のあまり涙する観客もいたという。

 「今、あらためて『絆(きずな)』や『かけがえのない大切な存在』として、『家族』を見つめ直している方も多いと思います。そんな『家族』をテーマに書いてみました。大切な人を想い聴いていただければ。明るい未来を心より願いつつ、門出の唄としてそばに置いてもらえたらうれしいです」。寄せられた福山のコメントには、3・11を境に日本人が問われている日本人のあり方へのヒントが込められている。

 CMには、内田夫妻以外にもタレントの林家ペー・パー子夫妻が出演。22日から、レコチョクにて着うた配信をスタートする。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら