ミスチル、新曲「かぞえうた」を緊急配信

2011年4月4日 12:00

Mr.Childrenの新曲「かぞえうた」の緊急配信が、4日午後12時にスタート。桜井和寿は「絶望の数じゃなくて、悲しみの数じゃなくて、希望の数をできるだけ数えていって欲しいなぁという想い…」

記事全文

ロックバンドMr.Childrenの新曲「かぞえうた」の緊急配信が、4日午後12時にスタートした。東日本大震災の発生を受けて、桜井和寿(41)が思いを書き下ろした。

 震災で被害を受けた方々や地域の復興のために何ができるだろうかと葛藤(かっとう)の日々を重ね、浮かんできた「かぞえうた」というフレーズから新曲の原形となるデモが生まれ、全国ツアーの仙台公演を行うはずだった3月26、27日に急きょレコーディングを敢行。楽曲は2、3日に開催された札幌公演のアンコールで初めて披露された。

 2日の公演で、歌唱前に桜井は、曲を作ってその収益を義援金にあてる行為が「なんだか不純に思えて、何日間か悩んでいた」と明かし、「真っ暗で何もないような悲しみのどん底で、なにもないようなそこ(場所)で歌う『かぞえうた』。でも、絶望の数じゃなくて、悲しみの数じゃなくて、希望の数をできるだけ数えていって欲しいなぁという想いと、また、人間には、僕らにはそういう力があるんだと信じる想い、そうやってこの曲にたどり着きました」と曲に込めた思いについて語った。
 
 楽曲の収益はすべて、救命・救援、復興支援の活動資金として「ap bank Fund for Japan」に寄付するという。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら