• トップ
  • エンタメ
  • 8utterflyのデビュー曲、平成版「木綿のハンカチーフ」と話題

8utterflyのデビュー曲、平成版「木綿のハンカチーフ」と話題

2011年2月8日 11:38

記事全文

博多出身の新人女性シンガー、8utterfly(バタフライ、年齢非公表)のデビュー曲「タビダチ links ウエイスト-オンナ編」(3月2日発売)がレコチョククラブうたデイリーランキングで1位、総合でも13位にランクインした。大阪を中心に活動する男性3人組・ウエイストと競作で、旅立つ男女の思いを対話形式で歌った卒業ソング。「オトコ編」をウエイストが歌う。形式が似ていることから、平成版「木綿のハンカチーフ」と話題になっており、ヒットの兆しを見せている。8utterflyは「小さい頃母がよく聴かせてくれた子守唄が『木綿のハンカチーフ』だったので、こう言ってもらえるなんて本当にうれしいです!」とコメントを寄せている。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら