• トップ
  • エンタメ
  • 【初夢暦映画2】ジブリ最新作「コクリコ坂から」に期待の今夏

【初夢暦映画2】ジブリ最新作「コクリコ坂から」に期待の今夏

2011年1月5日 14:05

記事全文

スタジオジブリ最新作に期待が集まる。宮崎駿監督の長男、宮崎吾朗監督が5年ぶりにメガホンをとる「コクリコ坂から」が夏に公開。父親を海で亡くした女子高生の純愛ストーリーで、少女漫画が原作となる。主題歌は監督デビュー作「ゲド戦記」と同じく手嶌葵が担当する。昨年11月19日に公開された“ハリポタ”シリーズ最終章の前編「ハリー・ポッターと死の秘宝PART1」が、公開35日の時点で興収51億円を突破し、絶好調。配給のワーナー・ブラザースは最終章の前編と7月15日に公開される後編「~PART2」も合わせて、シリーズ累計1000億円を目指す。過去6作で795億円の国内興収を記録しており、クリアも夢ではない。(了)

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら