上海万博で話題のショー「CHA~茶~」日本公演開幕

2010年8月12日 22:33

チャイニーズ・スーパー・エンタテインメント「CHA~茶~」が12日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで初日を迎えた。上海万博で上演され、話題となったアクロバットショー。25日まで上演される。

記事全文

「上海万博2010」のオープニングアクトとして5月1日から2カ月にわたって連続上演されたチャイニーズ・スーパー・エンタテインメント「CHA~茶~」が12日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで初日を迎えた。長い歴史を誇る中国の“茶”をテーマに、茶がもたらしてくれる人生の豊かさ、中国の茶書「茶経」とつながる茶の精神的な側面などを雑技、武術、舞踊で表現するアクロバットショー。音と光のコラボレーションの中、中国全土のアクロバティックコンクールで27もの賞を受賞し、中国実力ナンバー1といわれているアクロバティック・グループ「フラッグ サーカス オブ チャイナ」が、クオリティーの高いステージを披露する。25日まで。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら