新垣結衣「英語が一番大変」生田斗真、漁師生活に苦労

2010年7月8日 19:55

映画「ハナミズキ」(8月21日公開)の完成披露試写会が8日、都内で。新垣結衣は「英語が一番大変でした」。漁師役の生田斗真は「夜3時に漁に出て、朝の7時に帰ってきて、夜8時に寝る生活をしました」

記事全文

映画「ハナミズキ」(8月21日公開)の完成披露試写会が8日、都内で行われ、キャストの新垣結衣(22)、生田斗真(25)、向井理(28)、薬師丸ひろ子(46)らが登壇した。歌手の一青窈(33)のヒット曲「ハナミズキ」をモチーフにした作品で、1組の男女の10年間に及ぶ純愛を描いている。新垣は「英語が一番大変でした。英語に触れる機会もプライベートでもなくて、ゼロからという感じ」と撮影前から語学に奮闘。漁師役の生田は「漁師仲間のキャストと夜3時に漁に出て、朝の7時に帰ってきて、夜8時に寝る生活をしました」と苦労。土井裕泰監督は「クリアーしなきゃいけない課題があって、それを一つ一つ真剣にクリアーしていった」と2人の成長をたたえた。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら