真中瞳改め東風万智子、改名後初舞台「くちづけ」開幕

2010年7月7日 19:08

女優の東風万智子が7日、都内で舞台「くちづけ」の初日。真中瞳から改名後、初舞台。しっかり者の妹役で「(作・演出の)宅間(孝行)さんから『普段から男っぽく生きてみたら』とアドバイスをもらった」

記事全文

真中瞳から改名した女優の東風万智子(こち・まちこ=30)らが出演する舞台「くちづけ」が7日、東京・新宿のシアターサンモールで初日を迎えた。06年に旧所属事務所を辞め、豪州への語学留学などを経て、昨年12月1日から芸能界に復帰。改名後の初舞台という。作・演出の宅間孝行(39)が演じる“うーやん”の妹役。しっかり者の役柄のため、「宅間さんから『普段から男っぽく動いてみたり、生きてみたら』というアドバイスをいただいた」と語り、自分なりの解釈を加えて役作りした。「歩き方やしぐさとか、作ってウソになっちゃうと違うし、男ではないので、体になじませるように研究するという意味でやっていました」と生き生きと話した。8月1日まで。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら